知っおきたいておきたい赤ちゃんの口内炎!痛みのある時のオススメ食事は?

赤ちゃんが口内炎にんなってしまったら、ママは心配ですよね。

どんなものを食べさせたらよいのか悩みますね。

そこで、今回は赤ちゃんの口内炎と口内炎の時にオススメの食事についてご紹介します。

Sponsored Link

赤ちゃんの口内炎とは何?

赤ちゃんに起こる口内炎には、色んな種類のものがあります。

口の粘膜にできる炎症のことをまとめて口内炎と呼びます。

一般的な口内炎

一般的な口内炎では、歩き始めたりしたした時に転んで口をぶつけた時に起こるものが多いです。

白い口内炎で1週間ほどで自然に治ります。

免疫トラブルの口内炎

風邪などで、赤ちゃんの体の免疫が弱まっている時に口の中数個の口内炎が出来ます。

ウイルス感染の口内炎

ウイルス性の口内炎は、免疫力が弱い赤ちゃんがかかりやすい病気です。

ウイルス性口内炎には何種類かがあり、単純ヘルペスウイルスの感染が原因で起こるヘルペス性口内炎。

コクサッキーウイルス感染が原因で起こるヘルパンギーナなどです。

他の口内炎より症状は、重くて喉に痛みが出たり高い熱が出たりします。

カビの一種で起こる口内炎

カンジタ菌で起こる口内炎です。

口の中に白い斑点ができてきます。

生後2~3カ月の赤ちゃんに起こる場合が多い病気で、ミルクを飲むことが辛くなるようです。

わが家の子供達も、赤ちゃんの頃ヘルパンギーナにかかりました。

とても、口の中がいたそうで可哀想だった記憶があります。

Sponsored Link

赤ちゃんが口内炎の時のオススメの食事

 

赤ちゃんが口内炎の時には、どんな食事がオススメなのでしょうか。

口内炎になると、痛いので食事も水分も控えてしまうこともあると思います。

どのようなものが、良いのかご紹介します。

食事

栄養かの高いものを何回かに分けてあげましょう。

食べても良いものは、そうめん、おかゆ、うどんなどです。

避けた方が良いものは、刺激のあるグレープフルーツやみかん、おせんべいです。

水分

水分は、なかなかしみるととりにくいかもしれません。

しかし、ウイルスは乾燥している場所が大好きなのです。

ですので何も食べなくても、水分はたっぷりとりましょう。

そして、脱水症状が起きないように気を付けて下さい。

口の中も清潔のしておきましょう。

口内炎が出来ていても、口の中をうがいさせて清潔に保ちましょう。

まとめ

今回は、赤ちゃんの口内炎と口内炎の時にオススメの食事についてご紹介してきました。

赤ちゃんが、口内炎になると機嫌も悪くなります。

口の中が痛いし、本当に可哀想ですよね。

そんな時には、食事もとれるものをとり水分補給はしっかりとしましょう。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください