赤ちゃんの性格はどうやって決まるの?環境や育て方が関係している?

赤ちゃんを育てていると、性格はどのようにして決まっていくのか気になりますよね。

どんな育て方をしたら、性格に良いのかなど考えるママは多いでしょう。

そこで、今回は赤ちゃんの性格はどうやって決まるのか、環境や育て方との影響についてご紹介します。

Sponsored Link

赤ちゃんの性格はどうやって決まるの?

赤ちゃんの基本的な性格は、生まれ持っての気質と遺伝により作られるものです。

産まれてからの要素としては、育っている環境も関係してきますが脳の80%が作られる3歳までの環境が大切です。

12歳で、完全に脳は完成すると言われています。

生まれ持っての気質と遺伝は変わらないのですが、生まれてからの環境が大きく性格に影響してくることもあります。

3歳までの子育てが、子供の性格を作るのに大きい影響を与えることは確かです。

どのように育てるのが、この子にとって良いのか良く決めてからベストなのかを決めておきましょう。

わが家の場合は、長男は少し私が神経質に育てたこともあり、慎重派な子供です。

しかし、人見知りはすることなく社交的な一面もあります。

次男は、のんびりマイペースな甘えたです。

長女は、しっかりものでお兄ちゃん達にも負けない強さを秘めた末っ子です。

同じように育てても子供の性格は、バラバラです。

わが家では、それを楽しんでいます。

違った性格なので、3人とも時々けんかはしますが仲良し兄弟妹です。

Sponsored Link

環境や育て方による赤ちゃんに対する影響は?

子供の性格を作る上で大切なのは、3歳までの環境や育て方にあるようです。

赤ちゃんの頃は、約140億の脳細胞も生まれた時はほぼ真っ白な状態です。

3歳までに基本の脳細胞が増えて、3歳以降はさらに細かな部分が発達するということです。

3歳までの時期にいろんな経験をさせてあげることで、子供の能力や性格も豊かになってくるのです。

3歳までに赤ちゃんの頃からしてあげたらよい環境や育て方としては、

  1. 子供の様子をよくみてあげること

子供をほったらかしにしておくと、常に愛情に飢えてしまう子供になってしまいます。

不安定で親にあたってくる子供の性格にならないためにも気を付けましょう。

  1. いい音楽を聞かせよう

子供に良い音楽を聞かせると、子供の音楽に関する感覚が良くなるようです。

  1. 鉛筆やクレヨンを早い時期から持たせよう。

手首の訓練にもなりますし、殴り書きも自分の表現力です。

これらのことを、子供に赤ちゃんの頃からさせるととても良い効果があると言われています。

ぜひ、自分のペースで初めて見てくださいね。

まとめ

今回は、赤ちゃんの性格はどうやって決まるのか、環境や育て方との影響についてご紹介してきました。

わが家も子供に。何ができるのかを考えて子育てはしてきました。

わが家の場合は、8ヶ月からリトミックをさせていました。

音楽だけでなく、クレヨンや鉛筆の持ち方。

ハサミの使い方も教わりました。

とても、子供の情操教育になりました。

皆さんも、ぜひ自分のペースで頑張ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください