赤ちゃんと飛行機で初旅行!機内での授乳やおむつ替えのコツ

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗って旅行をすることになったら、長時間の狭い機内で赤ちゃんをきちんとお世話できるのか不安に思いますよね。

我が家は、娘が生後6ヶ月の頃から、旦那さんの仕事の都合で頻繁に飛行機に乗る生活をしていました。そんな筆者が、赤ちゃんとの飛行機旅行を上手に乗り切るコツをご紹介します!是非お役立てください。

赤ちゃんと飛行機に乗る時の注意点

まず、赤ちゃんと飛行機に乗るときに必ず注意しておきたい3つのポイントを解説します。

1.航空会社とのコミュニケーション
赤ちゃん連れで飛行機に乗る場合は、事前に航空会社に伝えておくことをお勧めします。

航空会社によっては、赤ちゃん専用の「ベビーバシネット」というベット付きの座席を用意してくれたり、

優先的に広めの座席をとってくれることもあります。

さらに、紙おむつを用意してくれる航空会社もあるので、事前連絡はマストです!
娘を連れて搭乗したときには、隣が空席の座席を用意してくれ、

周りのお客さんへの迷惑も最小限にすみました。

2.機内で必要になるものは必ず手荷物に!
大人であれば、パスポートとお金さえあればとりあえず大丈夫!

という気持ちで荷造りしても特に問題ないと思いますが、

赤ちゃん連れとなると話は変わってきます。赤ちゃん用の荷造りには

忘れ物がないよう細心の注意を払いましょう。
そして意外と陥りがちなのが、機内で必要なものを預け入れ荷物に入れてしまった!というケースです。

私も以前、娘のお気に入りの絵本とおやつを預け入れ荷物に入れてしまい、

機嫌をとるのにかなり体力を消耗しました。機内での様子をしっかりシミュレーションして、

必要になるものは必ず手荷物に入れるようにします。

また、何があるかわからないので母子手帳も必ず手荷物に入れておきましょう。

2.早めの到着を心がける
赤ちゃんとの移動は何が起こるかわかりません。

突如おむつ替えが必要になったりと、スムーズに動けないこともしばしば。

通常より早めの到着を心がけましょう。
時間が余れば、搭乗前にしっかり遊ばせておくと、機内で寝てくれることもあるのでおすすめです。

また、赤ちゃん連れの場合、優先搭乗の対象であることがほとんどです。

早めに待機しておくことでスムーズに搭乗でき、他のお客さんに迷惑をかけることもありません。

ちょっとした事を気をつけるだけで、赤ちゃんやパパ・ママにとっても、

周りのお客さんにとってもストレスが少なく済みます。ぜひ3つのポイントに気をつけて搭乗してください。

飛行機での授乳やおむつ替えのコツ

無事に飛行機への搭乗を済ませたら、次は機内での過ごし方に不安や疑問が出てくると思います。
機内での授乳やおむつ替えはどうしたら良いのでしょうか。一つずつ解説していきます。

・授乳のコツ

機内での授乳はみんなどうやっているのか気になりますよね。
機内には授乳室はありません。なので、基本的に自分の座席で授乳をします。

人前での授乳に抵抗がある人も多いかと思いますが、ケープでしっかり目隠しをして、

家族と一緒に乗っている場合はママが奥側に座って授乳をすることで、ほとんど周りを気にせずに授乳することができます。

注意したいのが、授乳の時に隣のお客さんに赤ちゃんの足などが当たってしまわないかです。

授乳中に手足をバタバタさせる赤ちゃんは結構多いですよね。

座席は思ったより狭いので、よく注意しておきましょう。

娘も、機内での授乳中にバタバタと落ち着かなかったので、おくるみできつめに包んでから授乳をするなど工夫して乗り切りました!

また、ミルクの場合は客室乗務員に相談をするとお湯の準備をしてくれるので、機内でミルクを作ることができます。哺乳瓶と粉ミルクは忘れずに持ち込みをしましょう。

・おむつ替えのコツ

娘と飛行機に乗るまで気がつかなかったのですが、実は、飛行機のトイレにはおむつ替えの台が付いています。

よく街中のトイレにあるおむつ替えの台とほぼ変わらない大きさなので、

いつも通りおむつを替えることができます。

飛行が安定していて、シーベルトサインが消えているタイミングで替えてあげましょう。

しかし、今のおむつはかなり質がよいので、赤ちゃんの機嫌が良く、うんちではない場合は3〜5時間程度替えなくても特に問題はありません。

4時間程度のフライトであれば、搭乗直前におむつ替えをして、到着したらすぐにオムツを替えてあげるというのも一つの手です。

実際我が家は、4時間のフライトの時はその方法で乗り切りました。

機内での赤ちゃんの様子をしっかり確認して、必要に応じて替えてあげるようにしましょう。

そして、使用済みのおむつは、ビニール袋に入れて捨てられる航空会社もありますが、

念のため事前に客室乗務員に捨てて良いかどうか確認をしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?いつもと違う狭い機内での長時間移動となると、不安なことも多いかと思いますが、

まずはパパ・ママがゆったりとした気持ちでいることが大切です。

また、客室乗務員は赤ちゃん連れのお客さんにも慣れていますので、

もし困ったことがあれば早めに相談してみましょう。

私も、自分のトイレの時や食事の時に娘を見ていてもらったりと、幾度となく助けていただきました。

とても優しくサポートしてくださいますよ!

ぜひ赤ちゃんとの飛行機旅を楽しいものにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください