赤ちゃんの咳が出ている時、風邪をひいている時の離乳食!

赤ちゃんの子育てをしていると、赤ちゃんの咳が出ている時や風邪をひいている時にどんなものを食べさせたらよいのかと悩みますね。

そこで、今回は赤ちゃんの咳が出ている時の離乳食と風邪をひいている時の離乳食についてご紹介します。

赤ちゃんの咳が出ている時の離乳食!

 

赤ちゃんの咳が出ている時は、喉の炎症が起きています。

ですので、喉にやさしいものを選びましょう。

食欲が落ちている時には、何も食べたがらない時もありますので母乳やミルクだけで離乳食無しでも大丈夫です。

食べられる場合には、食べやすいものとしては、とろみがしっかりついている食べ物を選ぶと食べやすいでしょう。

オススメは、豆腐、じゃがいも、かぼちゃなどをペーストにしたものなどです。

その他、お粥は食べやすいのでお粥もおすすめです。

とろりとしているものをあげると、喉の渇きをうるおせます。

ゼリーもいいですが、ゼラチンで固くかたまっているのは意外に飲み込みにくいです。

少し軟らかいほうが体調が悪い時には、良いです。

赤ちゃんの咳が出ていると、私も何を食べさせて良いのかよく小児科の先生に相談していました。

わが家の子供達は、南瓜のペーストを好んで食べてくれていました。

風邪をひいている時の離乳食!

風邪をひいた時の離乳食は、どんなものが良いのでしょうか。

風邪をひいてしまった場合は、冷たくてさっぱりしたものを好むことがあります。

栄養を摂ることも大切なので、すりおろしたリンゴジュースをあげてみましょう。

離乳食も、とろとろした喉越しの良いものを選びましょう。

食材は細かく柔らかく煮込んで、とろみをつけると赤ちゃんにも食べやすいでしょう。

また、発熱している場合は大人もそうですが食欲は落ちますね。

何も食べないのは、栄養面で心配です。

ミルクや母乳を摂れているのならば、大丈夫です。

無理に食べさせる必要はありません。


少しの量でも赤ちゃんが食べやすいものを出すようにしましょう。

熱の時には、バナナが栄養面から考えてもおすすめです。

栄養が多く体を冷やす働きがあるので良いですね。

風邪の時に特に気を付けないといけないのは、水分補給です。

水分が足りていないと、風邪の治りも悪くなります。

水分は十分にあげるようにしましょう。

まとめ

今回は、赤ちゃんの咳が出ている時の離乳食と風邪をひいている時の離乳食についてご紹介してきました。

わが家も、子供達が赤ちゃんの時には咳が出たり風邪をひくことはよくありました。

特に、長男次男は良く風邪をひいていました。

りんごをすりおろしてりんごを食べさせていました。

他にも、水分補給を忘れずにしました。

特に、お粥も好きだったのでそれらを中心にあげていました。

栄養をつく、喉越しの良い離乳食で早く回復させたいですね。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください