赤ちゃんのアレルギー反応、いつからどんなどんな症状があるの?

赤ちゃんの目が赤かったり、鼻がグジュグジュしていると心配ですよね。

もしかして、アレルギーなのかなと思いますね。

そこで今回は、赤ちゃんのアレルギーについてご紹介していきます。

赤ちゃんのアレルギーはいつから出るの?

アレルギー反応は、人間が元来持っている免疫が過剰に反応したものです。

この免疫力は、生まれた赤ちゃんにも備わっているので中にはアレルギーに悩まされる赤ちゃんも多いようです。

我が家の子供も次男が乳幼児の頃から、アレルギーでした。

母乳が足りなかったためにミルクを使っていましたが、肌が赤くなり小児科で診察してもらったら普通のミルクでは体に合わないとのことでした。

そのためにラクトレスミルクを購入して作っていました。

我が家の次男粉ミルクのアレルギーでしたが,他にも赤ちゃんのアレルギーは色んなものがあります。

続けてご紹介していきます。

赤ちゃんのアレルギー症状について

生後2ヶ月以降の赤ちゃんに、赤みや強い湿疹が続く場合は乳児湿疹、アトピー性皮膚炎の可能性が考えられます。

小児喘息は、アレルギー反応で気管支の内側の粘膜が腫れる症状です。

鼻つまりのある、アレルギー鼻炎、目にかゆみが出るアレルギー結膜炎、ある特定の食べ物に反応してしまう食物アレルギーなどがあります。

特に、赤ちゃんに多いアレルギーは食物アレルギーです。

アレルギーを発症する年齢ですが、赤ちゃんの時期は食物アレルギー、幼児期は小児ぜんそくが多いと言われています。

体調不良とアレルギー症状を見分けるには、食物アレルギーの場合はすぐに出るタイプと、時間がたってから症状が出るタイプに分かれます。

数時間たってから、アレルギー反応が出る場合は食物アレルギーを疑う方が良いでしょう。

風邪と間違えやすい喘息は夜から朝にかけて症状が悪くなるのが特徴です。

風邪は、高い熱が出ますが喘息の場合は熱は出ません。

喘息の場合は、咳が長く続きます。

さらに息を吐くときにゼイゼイと音が出ます。

体調不良とは、気が付かないことが多いアレルギーですが自己判断することなく一度小児科に連れていくことをおすすめします。

まとめ

我が家の次男も、生まれて粉ミルクを飲み初めてアレルギーがあることが分かりました。

顔が赤くなってなかなか治らない時は本当に可哀想でした。

アレルギーは。親にアレルギーがなくても急に出てきます。

ですので、少しアレルギーかもと疑う時は必ず小児科か専門機関に相談された方が正解だと思います。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください