赤ちゃんの鼻血の正しい&NGな止め方!対処法や原因まで解説!

私自身も小さいころよく鼻血を出す子どもでした・・・(笑)

特に遊びが激しかった訳ではないのですが・・・

大人になるといつの間にか鼻血とは無縁になり、ほとんど最近出ていません(笑)

「よく鼻血を出す」といった私みたいな子どもも多いかと思います。
ある程度大きくなればそこまで心配はしないかもしれませんが、
それが赤ちゃんとなると、まだ小さいし、何か原因があるのでは?
と心配になりますよね?

そんな不安を抱えているお母さんに、鼻血の対処法と原因を
お伝えしたいと思います。

赤ちゃんの鼻血の正しい&NGな止め方

 

急に鼻血が出た時、どのように対処していますか?
まずは、赤ちゃんが鼻血が出た時に、
正しい止め方と、NGな止め方についてお伝えしたいと思います。

【正しい止め方】

赤ちゃんが鼻血が出るとお母さんもびっくりして慌ててしまいますよね?
その慌てる雰囲気で赤ちゃんも不安になり、泣き出してしまうこともあると思います。
まずは、落ち着きましょう。
そして、赤ちゃんにも安心できるように優しく声をかけ、
赤ちゃんも落ち着かせましょう。

赤ちゃんが必死になって泣けば泣くほど鼻血もなかなか止まりません。

赤ちゃんを落ち着かせるのと同時に、座らせる体制にしましょう。
寝かしたままだと、鼻血が逆流してしまい飲み込んでしまいます。

座らせる体制にしたら、小鼻部分をきゅっとつまんであげましょう。
あまり強くつまみすぎると痛みを伴い赤ちゃんも泣いてしまいます。
5分~10分程度つまんでいたら鼻血も止まると思います。

【NGな止め方】

赤ちゃんの鼻の粘膜はとても弱いです。
なので、大人が良くやりがちなティッシュを小さくして鼻に詰める。
という対処法は赤ちゃんには良くありません。

鼻血を止めるよりも、逆に患部をティッシュで刺激してしまい、
余計に血が止まらなくなる場合があります。

もし、鼻に何かを詰めて鼻血が落ちるのを止めようとするなら、
ティッシュではなく、綿などの柔らかい素材のもので行いましょう。

赤ちゃんの鼻血が出る主な原因

赤ちゃんの鼻の入り口近くには、
「キーゼルバッハ部位」という、血管が集中している部分があります。
赤ちゃんは大人に比べて、鼻の粘膜がとても弱いため、
このキーゼルバッハ部位が少し衝撃を受けただけでも出血してしまいます。

赤ちゃんは自分の手を自由に動かすことが分かると、その手で顔を触ってみたり、
おもちゃを取ろうとしたりします。
そのような行動で、自分の指が鼻の入口付近にあたっただけでも、
鼻血が出てしまう場合もあります。

また、赤ちゃんの鼻水をお母さんやお父さんがふいてあげた刺激で、
鼻血が出てしまう場合もあります。

子供が小さいころ、大泣きして急に鼻血を出して、
びっくりしたことがあります。

赤ちゃんは大泣きすると血圧が上がり、
鼻の粘膜にある血管が破れて出血してしまうことがあるそうです。

その他にも、お風呂に長く入りすぎてのぼせてしまい、
鼻血が出るということもあります。

まとめ

赤ちゃんは大人よりも鼻の粘膜が弱いということを知っておくだけでも、
急な鼻血に戸惑うことなく対応できますよね!
赤ちゃんが鼻血を出す理由は様々ですが、
短時間で止まるような鼻血であれば、心配はいりません。
赤ちゃんが鼻血を出した際の正しい鼻血の止め方をしっかり理解し、
焦らず対応できるようにしましょう!

また、赤ちゃん自身が鼻を触って鼻血にならないように、
赤ちゃんの爪を短く切っておくなどの対応も日頃から気をつけてあげると良いですね!

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください