赤ちゃんの肌のガサガサ対策!正しいスキンケアをしよう

赤ちゃんの肌ってもっちりしていて、
つるつるしていて羨ましいですよね!!

でも、いつからか、カサカサになり、
両頬が真っ赤になったりする赤ちゃんも良く見ます。

どうして、赤ちゃんの肌はガサガサになりやすいのでしょうか?
ガサガサにならないためにはどうしたら良いのでしょうか?

ガサガサ対策と、正しいスキンケアについてご紹介します!

Sponsored Link

赤ちゃんの肌が乾燥しやすい理由

赤ちゃんの肌はずーっと触っていたいくらい気持ち良いですよね(笑)

食べたいくらい!というお母さんがいるのも納得できます(笑)

でも、赤ちゃんの肌ってとっても弱いって知っていますか?

赤ちゃんの肌は、大人の肌の半分程度の厚みしかないそうです。

なので、赤ちゃんの皮膚の外側を覆う角層と呼ばれるものも

まだまだ未発達なのだそうです。

ちなみに、角層というのは、

赤ちゃんの肌から水分が失われるのを防ぐ役割があります。

でも、赤ちゃんの角層はまだまだ未発達なので、

お肌の水分が簡単に失われやすくて、

それが原因でガサガサになりやすいのです。

肌がガサガサしてきたな~と思ったらすぐに対処しないと、

肌荒れが酷くなってしまい、乾燥性乳児湿疹になったり、

お肌が弱くなったりしてしまいます。

では、そうならない為には、どんなことに気をつけて、

どんなスキンケアをすれば良いのでしょうか?

Sponsored Link

正しいスキンケアでガサガサ肌から脱出しよう

赤ちゃんは自分で「乾燥してるよ~」なんて伝えられないので、

お父さんやお母さんがしっかりと肌の様子を見ておく必要があります。

乾燥を防ぐには、とにかく保湿ケアがとっても大事です!

特に、乾燥のひどい冬場は念入りなケアが必要です。

友人の子供にも、両頬だけでなく、首まわり、腕、足など、

全身にわたって乾燥がひどく、常にかゆがっている子がいました。

その子は病院にかかり、保湿剤を朝昼夜と塗るようにと言われたそうで、

保育園でもきちんと与薬依頼書を出してもらい、

お昼に全身塗っていました。

一日中、保湿剤を塗っているのも子どもからしても

あまりいい気持ちではないですよね?

常に顔や体がべたべたしてしまっているので・・・

そのようにならないためにも、毎日の保湿ケアが大事ですよ!

保湿ケアにも色々とあると思いますが、

ベビーローションやベビーオイルなどが一般的ではないでしょうか。

お風呂あがりには、

ベビーオイルを塗りながら軽くマッサージなども行うと、

赤ちゃんもリラックスできて良いかもしれませんね!

でも、ベビーオイルには、赤ちゃんの肌に水分を

与えてくれるような効果はないので、

まず、ベビーローションでしっかりと保湿をした後に、

ベビーオイルでマッサージをしてあげると良いと思います!

また、家にいる時には、部屋の中の湿度にも気をつけましょう!

加湿器などを利用して、お家の中での乾燥を少しでも防ぐように

しましょう!

まとめ

赤ちゃんの肌がガサガサになる原因

・赤ちゃんの肌は大人の肌の半分くらいの薄さしかない為、
とっても弱い。
・赤ちゃんの角層はまだまだ未発達なので、お肌の水分が簡単に失われやすい

肌荒れを防ぐには

・ベビーローションやベビーオイルなどを使って、こまめに保湿してあげる
・部屋の乾燥にも気をつける

赤ちゃんの肌って思っているよりもとってもデリケートなんですよね。
きちんと、お家でのケアをしてあげることで、
肌荒れもひどくならずに、つるつるのお肌をキープできると思います!
保湿ケアを徹底して、つるつるのお肌を保ってあげましょう!

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください