VS嵐や嵐にしやがれの放送はいつまで?最終回の日程や後任は誰?

嵐

嵐の活動休止のニュースには本当に驚きましたね!

嵐はとても仲のいい5人で、会見の様子でも絆の深さが感じられ嵐ってホントに素敵なグループだと感じました。

活動休止が残念に思われる中で現在放送中の冠番組のVS嵐や嵐にしやがれの放送はどうなるのかが気になります!

最後の放送日はいつまでになるのか、最終回の予想や後任には誰がなるのかについて私の予想も踏まえてお伝えしていきます(*’▽’)

VS嵐や嵐にしやがれの放送はいつまで?

嵐の冠番組が今後どうなるのか?放送がいつまでなのかが気になりますね(>_<)

我が家の子供たちも木曜7時は『VS嵐にチャンネルかえてー!』と毎週言っていてとても楽しみにしているのに終わりがきたら子供たちが悲しむだろうな~(T_T)

なので最後の放送は絶対に見逃したくありません!

テレビ局の関係者のよると、テレビ局では大きい区切りがあって半年ごとに番組編成の見直しがされるそうです(>_<)

日刊スポーツのニュースによると、今の時点で解っていることは来年末までは確実に放送されると言われています。

日本テレビとフジテレビがすでに動き出していて、これからジャニーズ事務所と交渉をすると言われていますが放送は活動休止のぎりぎりまで放送してくれることを願います!

VS嵐と嵐にしやがれ最終回の日程

現在嵐の番組は

  • VS嵐 木曜午後7時~
  • 嵐にしやがれ 現在毎週土曜日午後9時~

から放送されていますが、カレンダーを確認したところ

VS嵐については20年12月3日、10日、17日、24日、31日

嵐にしやがれについては20年12月5日、12日、19日、26日のどれかになることが考えられます!

12月の後半は特番などの放送もあるので12月上旬~中旬あたりが嵐の冠番組の最終回になりそうな予感。

ちなみに昨年はVS嵐は12月13日、嵐にしやがれは12月15日がラストの放送で、12月31日は午前10時から11時半まで特番「嵐にしやがれ傑作選」がありましたので例年以上に20年12月は嵐の出演する番組が増えそうな気がしますね!

スマップの「SMAP×SMAP」の場合ですが、この時は2016年12月26日の放送で約5時間の放送でした。

視聴率も平均視聴率が23.1%で瞬間最高視聴率が27.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地域)ですので嵐の特番が放送された場合は高視聴率になること間違いなしです(^^)

12月の木曜と土曜の夜は町から女性が消えてしまいそうですね!

最終回はかなりの視聴率になりそうです(>_<)

特番は絶対にありそうだと期待します!(^^)!

こちらはVS嵐の一番最初の放送です。ツイッターにあったのですがみんな若い!

VS嵐と嵐にしやがれの後任は誰?

VS嵐と嵐にしやがれの後のあとの番組は何になるのか…これはまだ分かっていませんね(>_<)

10年以上も続く長者番組のあとに放送するのってかなりのプレッシャーじゃないかと思います。

実際の放送は約2年後になるのですが、この2年の間に人気が上がる可能性のジャニーズが考えられますね!

レギュラーをあまり持っていないジャニーズグループとか…

もしかしてジャニーズJrの番組が出来るとか?

最近の人気でいうとking&princeが可能性が高そうです!

あーでもHey!Say!JUMPもいいですね(^^)中島裕翔君もみたい気がする!

キスマイはレギュラー番組がすでにあるので候補の可能性は低そうですね(^^)

king&princeかHey!Say!JUMPが後番組になると予想していますが意外とsexy zoneだったりして(笑)

Twitterの声

Twitterでも番組に対するファンの声が集まっています。

『嵐以外の人にはさせないでほしい』や休止の間は再放送を希望する声などがありますね!休止中の期間は4人でつないでもらって帰ってきてからまた番組を再開など、みなさん色々な思いが伺えます。

もう一回見たい番組を視聴者にアンケートをとって過去の再放送もいいですよね~!
まだどうなるのかは分かりませんが、ファンの期待に応えられるように進展があればいいですね(^^)

まとめ

VS嵐や嵐にしやがれの放送はいつまで?最終回の日や後任を予想についてお伝えしました。

VS嵐の番組放送は2020年12月17日あたり

嵐にしやがれの放送は2020年12月19日あたりが予想できます。

後任はまだ分かりませんが、king&princeかHey!Say!JUMPあたりが可能性が高そうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください