【速報動画】嵐2020活動休止の記者会見内容!コメントや動画・Mrサンデー

まさか嵐が活動休止なんて!Mrサンデーでの嵐の記者会見の内容を随時こちらでまとめています!

会見の内容が気になってしまったので分かる範囲で情報を集めています。

Sponsored Link

Contents

嵐 活動休止記者会見の動画

 

 

 

記者会見の大野さんの最初のコメント内容

 

大野智
本日はお忙しい中、急なご案内にも関わらずお集まりいただきありがとうございます。さきほどファンの皆様に向けてコメントを発信しました。あらためて嵐は2020年12月31日をもってグループとしての活動を休止させて頂くことになりました。
大変勝手ではありますが、僕たちの口からお伝えさせていただきたくこの場を設けさせていただきました。本日はよろしくお願いします。

ーーあらためて、この結論に至った経緯は?

大野智:
2017年6月に僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の思い、気持ちを話させてもらいました。自分の嵐としての活動をいったん終えたいと。自分の想いとしては、自由に生活を一回したいと4人に伝えて、その後何度も話し合いをかさねて期限を2020年をもって、嵐を休止するという形になりました。

ーー話し合いはどういう形で?どこで納得した?

大野智:
2017年6月に初めて4人に集まってもらい自分の気持ちを伝えた後はメンバー一人一人と個々に会って聞いて、そのあと5人で集まって、それを結構な回数ですが、何度も何度も話し合って、最終的に事務所の方を交えて話し合いをして、2018年2月に事務所の方に報告して、それからまた話し合いを重ねて2018年6月に結論いたしました。

ーーファンに出されたメッセージで「自由な生活したい」というのは?

大野智:
具体的に何がしたいか、僕の中では決まっていることではないが、ちょっとなんていうか自由な生活というのは、もちろん、この世界を一度離れてみて、今まで見たことない景色を見たいというか、普通の生活を今まで経験してない、そういうことに興味というか、そういうことであるが、何がやりたいというのはないですけど。

ーージャニーズ事務所のタレントであり、嵐の一員であると?

大野智:
最初は活動を終えたいと報告したときに終えたいという思いになったときに、事務所を辞めなくてはけじめがつかないと思っていたが、話していく中でお休みということでよいのではないかという形になったので、所属は所属だが、自分のやりたいことは見つかってないが、ゆっくり休んで考えたいなと思っております。

ーー大野さんの想いについてきっかけは?

大野智:
きっかけというのはないというか、いつ思ったのかというか、だいたい3年くらい前からそういう気持ち、思いが芽生えて強くなっていったというのが現状というか。

ーーハワイの公演が終わった後?

大野智:
そのあたりからちょっと自分の気持ちに変化が表れてきてしまって。

ーーハワイの景色は特別でしたよね?

大野智:
そうですね。日本に戻ってきて、そこから15周年終わってから、自分の中で仕事して、個人仕事もやらせてもらう中、徐々にそういう気持ちが芽生えていきましたね。

ーー達成感?

大野智:
達成感は10周年の時だったり、15周年ときもありましたけど、やり切ったという感覚はなかったが、その時はハワイの時もそういう気持ちはなかったが、本当に徐々になんですね。

ーー大野さんは2021年、芸能活動はお休み?

大野智:
そういうことです。一回自分を見つめなおす期間というか、立ち止まってみようかなと。

ーー何年くらい?

大野智:
そこまで具体的なことは考えてないが、2020年いっぱいまで嵐として走りぬいてから、その時の自分の気持ちや休んでいる中で自分の思うことが出てくると思うので、今はわからないです。

ーーだいたいでもどれくらい?

大野智:
本当に、決まってない。すみません。

ーー疲れてお休み?

大野智:
疲れたとかではない。一回立ち止まって自分を見つめなおしたいというのがでかい。疲れているとかではない。

ーー解散ではない?

大野智:
解散ではありません。

引用:ヤフーニュース

解散ではないと聞いてちょっと安心しましたね!

ことの発端は大野さんですが、これまで嵐として頑張ってきてふと気づいたら38歳…。

38歳といえば人生の折り返し地点ともいってもいい年齢です。

一度きりのこれからの自分の人生を考えた時に普通の生活をしたくなるのも分かりますよね。

ここで一人だけ活動休止ではなくて、メンバーみんなで一緒に活動を休止するところがすごい決断力だと思いました。

辞めたいと思って思い詰めて、頑張りすぎて心や体が病んでしまう前に、一度ゆっくりと休んで自分の人生を楽しんでみてもいいかもしれませんね(>_<)

ミスターサンデーでの会見内容

大野さんから活動休止を聞かされたときどう思ったか?

二宮⇒

衝撃でした。そんなの考えていなかったので、言われておどろいていたんですけど、色々話し合いを進めていく中でずっと僕らが言っていたことは4人でも6人でも『嵐ではない』と思っているし自分たちの嵐って世界の中での価値の基準の中で闘っていたグループなので『5人でなきゃ嵐でないだろう』と『5人でなきゃ100%のパフォーマンスは出来ないだろう』という中で、今回のリーダーの思いを尊重する形で決断に至ったというのが僕の個人的な目線ですが、みんなで話し合っていく中での決め方ですね。

櫻井⇒

みんなバラバラだと思うのですが、僕も驚きましたね。前の日に友達と焼肉を食べてたんですけど、グループメールの所に大野から「話がしたい」と連絡があったんです。

これだけ一緒にいるのが長い我々ですから大野が話をしたいとそのあとの内容を聞いた時にこれはもしかしたら相談というニュアンスよりはある程度意志の固まっているところなんだろうなと言う風に個人的に解釈しました。

一番最初はものすごく驚きましたけど、誰か1人の思いで『嵐の将来のことを決めるのは難しい』なという思いがあると同時に他の何人かの思いで一人の人生を縛ることもできないと思いました。なぜなら我々は中学のころに出会ってもう23から24年一緒にいる大切な仲間ですからどれだけ時間がかかっても、どれだけ時間をかけても全員が納得する形の着地点を探していかなくてはならない。

これは僕の役割だろうなとその瞬間に思いました。

松本⇒

僕は常々グループ活動というのを続けることはメンバーの強い意志があって初めてグループっていうものは続けられるものだとおもっていたので、僕らは10周年の時にたくさんの方に祝っていただいたり国立競技場でライブをさせていただいたり、15周年の時はデビューしたハワイに連れていってもらってハワイでいろんな人にお祝いさせていただいたりとか、本当に素晴らしい景色をたくさん見せていただきました。

自分たちがホントに色々なことを経験させていただく中で『次になにやろう』ってみんなで話しあってすすめてきたんですけど、その中で大変だと思うことも正直ありました。そんな中で僕たちがいい形であるうちにグループを閉めるってことも実際考えることもあったし、その話をメンバーにしたこともありました。

具体的な時期をこの時期にしたいとかそうゆうことはなかったですけど…なので一番最初にリーダーに呼ばれて話を聞いた時に僕は驚きはしませんでしたね。

みんなで話し合う中でそれぞれの思いもありますし、これからのことを考えた時にこのタイミング2020年で区切りをつけるというのがベストな形なんじゃないかと僕は判断しました。

相葉⇒

僕は初めてリーダーから聞いた時はひっくり返りましたね。まさかと!

ひっくり返ってたでしょ?

(櫻井)おれの右にいたんだけど、オレの右でひっくりかえってた。覚えてる それ。

こうゆう生活が当たり前だと一回も思ったことは無いですけど、まさかこんなにこう現実で突き付けられたときは最初は準備がいりましたし、どうにかリーダーとお話しする中でどうにか嵐を続けていく方法はないのかなぁとリーダーにも相談したりしました。

でもリーダーとみんなと話し合いを続けて行く中で、ちょっとでも同じ方向を向いていないリーダーをずっと突き合わせるのは違うなと思いましたし、やっぱりそこでひとり欠けてしまうのはやっぱり嵐としては難しいとおもったので、それこそリーダーの意見というのを納得してそっちの方向で進めていこうということになりました。

(櫻井)時間はかかりましたよ。すぐの結論ではないですし、我々5人だけであとそれぞれがそれぞれのおよそどれくらいだろう数か月間ずっとたくさんの話し合いを何回もしたということです。

メールで『終えたい』ときたときは引き留めた?

櫻井⇒

引き留めたという立場でもないです。大野の思いを理解したというところで、僕を主語でいったら他の4人の思いを着地させるのはどこだろうとたくさん時間をかけて探していかなきゃいけないなとその瞬間思いました。

大野さんは受け入れたメンバーに対して?

大野⇒

正直本当に申し訳ない気持ちがすごい強いですけど、1人欠けては嵐ではないということは5人のなかでは心の中であったもので、ちょっと勝手ではありますけどその中で期限を決めて今後の思いを心の中で感じながら2020年いっぱいまで毎日を大切に走っていこうかなと思いましたね。

メンバーの中で反対した人は?

二宮⇒

反対というか『できませんか?』という相談はしました。やっぱりそれは『はいわかりました』ではあまりにも責任感が無いですし、グループをやってきた年数というものがありますから急に二つ返事で『わかりました』ってなってその翌週とかに事務所にいいにいくのはちょっと、責任感的に出来なかったというか、僕もリーダーとご飯を食べに行った時になんかできる方法はないのかとかいうことを言っていましたし、リーダーもぎりぎりまで考えてくれたって印象でした。

櫻井⇒

賛成・反対でパッと分かれるのは難しいかもしれませんね。それぞれ気持ちにそれぞれ思いがあるので、引き留めようとするニュアンスの人もいれば、気持ちを理解してその方向で頑張ろうという人もいるでしょうから、反対というのは難しいですね。

何に一番時間がかかりましたか?

櫻井⇒

みんなの思いがきちんと同じところに着地するところです。我々五角形だとしたら真ん中をどこに落とし込むかっていう話をひたすらにしてました。そういったいみでは我々は20年以上一緒にいるので互いが互いを尊重し、そんな馬鹿な話ありえないわって机をひっくり返す人はいなかったです。

けんかになったり言い合いになったりということは?

ないです。

話し合いの中で印象に残っていることは?

大野⇒

話し合いを重ねていくなかで最終的に期限というか2020年いっぱいまでと決まった時に意見や気持ちがまとまってきたときに、メンバーが最後まで笑っていようと言われた時 ヤバかったですね…。

涙がでた?

大野⇒

正直素直に申し訳ない気持ちがもちろんある中でなんていう人達なんだろうというか、単純に嵐で良かったなぁ…とか言葉にならなかったですね。

事務所の先輩には相談した?

大野⇒今回は5人で決めました。

自分はこれから2020年以降どうするか考えているのか?

相葉⇒

今はどんな気持ちになるのかは想像もつかないし、今は決まっていることを決められた時間の中で精一杯やってそのあとにどう思うかだと思いますが、でもお休みする予定はないです。

松本⇒

今までやってこれなかったことに新たにチャレンジできるタイミングになるかもしれませんし、そのタイミングでチャレンジしたいと思うことが具体的に決まっているわけではないですが、なにか探して見つかった際にはそうゆうことにチャレンジできるタイミングにもなるかなと思ってます。今は何より2020年まで5人でファンのみんなと楽しい時間を過ごせるよう考えてます。

櫻井⇒

グループ活動をやっているので当然選択肢としては『1人休んでも二人休んでも嵐です』っていう選択肢もあったわけなんですよ。だけど我々は5人じゃないと嵐じゃない』『5人じゃないと続けない』という選択肢をとった。それが2020年12月31日までという期限を今日発表させていただいた中で、僕は嵐の2020年12月31日までのことしか頭になくて、その先自分がどうするかなんて想像もできない できていないんですよね。嵐のことで頭がいっぱいっていうそんな感じなんですよね。

二宮⇒

僕も結構同じで2020年以降の21年からの一人でっていうことに関しては正確にいうと何も考えて無いです。だから、20年のけつのけつまで5人で活動できるってことは僕の中でものすごい幸せで喜びのことなのでまずはそれをしっかり応援してくださっている方々と共有しながら1個でも一秒でも多く長く思い出を作っていきたいなっていうことだけしか今は考えていません。

嵐と冠のついた番組も2020年で終わりということ?

松本⇒まだ直接スタッフのかたともお話しさせていただいてないのでいつまでというのもわからないですし、僕らはまずファンの皆さんに発表させていただくという形をとらせてもらったので、今後番組のスタッフの方たちと相談させていただいたうえで決めていくしかないなと思います。

大きな決断をした今思い出す嵐の曲は?

二宮「難しいねぇ」

櫻井「今、相葉くん何曲あるんだっけ?シングルで」

相葉「えー、56

櫻井「56

二宮「ありがとうございます」

相葉「シングルは56枚です」

二宮「カップリングもあるわけだからね?」

相葉「カップリングもいれたらもう何百っていっちゃいます、はい」

松本「そうねー考えてなかったですねぇ」

相葉「あはは!すいません!」

櫻井「完全に抜け落ちてましたねぇ」

何か思い出されるようなイベントであったり楽曲であったりありますか?

二宮「すぐ楽曲行きたがるね」

二宮「いやでもなんか別に、それって多分、もしかしたら解散とか、そういった時に思い出すものなのかなって、紐づけとしては。やっぱり僕ら、1回止まらせていただくっていうことに関してなんで。んーちょっとやっぱりそれは本人と見ていただいてる側と見てる側との温度差というか明確ななんか、ものがあればいいんですけど。

なんか、なんていうんだろう?平たく言うと無いということ()

櫻井「あり過ぎるということですね」

二宮「あり過ぎるほう」

記者「いい意味で、ないと?」

櫻井「いい意味でも何もあり過ぎるということです」

二宮「かなぁって感じしますけどねぇ、うん」

先の仕事が決まっているから2年先ということもある?

櫻井「何も決まってない、誰か聞いてる?」

相葉「ライブ、ライブはねぇ、発表されてるけど」

二宮「19年ね?」

松本「やりたいことはいっぱいありますけどねぇ」

記者「なにがやりたいですか?」

松本「いやぁまず、コンサートツアーと同時に20周年やってきたことをなんかお祝いできるみんなで楽しめるイベントみたいなのもやりたいですし。また、まぁ10周年ん時にさせてもらったんですけどー、まぁ20周年をまとめたベストアルバムみたいのも出せたらと思ってますし、それこそクリップみたいのも、ビデオ・クリップみたいのも出したいですし。やりたいことばっかですねぇ」

大野「2年間で出来るこの、ファンの皆さんへの感謝の気持ちを。そういったライブだったりいう形をこれから、みんなで考えていこうかなと思ってますね」

大野さんにとって嵐とは?

大野「嵐。もう…な…言葉が難しいですよねこれ。宝物の何物でもないというか、僕の人生にこう、嵐っていうものがまぁ20年という人生の半分以上が嵐だったんで。もう、永遠輝き続けてるものっていう、心ん中でも。っていう想いですね

ジャニー喜多川社長には報告した?

大野「はい」

記者「どんな言葉を?」

大野「ジャニーさんはですねあのーまぁあのー、僕が決められることでもないと思うし、まぁこれはみんなで決めていくものだと思うと。

その中で、この20年という年月ホントにこう、よく頑張ったよく頑張ってくれた、ありがとうという言葉をいただきました」

5×20公演はファンの皆さんへ感謝の気持ちを込めたコンサート?

記者「現在5×20公演されてますけど、このコンサートというのは皆さんのなかで2020年までと決まった後にツアーを決めてやっているファンの皆さんへ感謝の気持ちを込めたコンサートなんでしょうか?」


松本「それもあります。考え始めた時に僕らの話し合いが着地していたわけではなかったと思います。ですが、えっとーこれだけの本数やらせていただくことになったのはそれも理由の1つです。

でもまぁ何よりホントに今まで毎年コンサートやらせていただく中で、毎年みられないファンの方達がたくさんいるという現状がありましたので、20周年という区切り?えーっと、区切りの年ですかね、そのーなんか、お祝いできる年をより沢山の人に見ていただきたいということでなるべく沢山の数やりたいと言ったのが理由です」

記者「感謝の想いということですね?」

松本「そうですね」

デビュー記念日に何か考えている?

記者「でもコンサートツアーを見ますとデビュー記念日の113日はコンサート入っていないんですよね?」

松本「入ってませんね」

記者「何か考えてらっしゃるんでしょうか?」

松本「んー。なんかできたらいいっすけどね。まぁ場所もそうですし、それこそ沢山の人に見ていただく形にしたいので。せっかくその113日というデビュー日に限っては。1日しかないですし、どっかでコンサートやるっていっても観れる人数は限られてしまうと思うので。

より沢山の方と共有できる方法をなにか取れたらいいなと思っています。現状、できないかもしれませんしできるかもしれない」

記者「期待してます」

松本「頑張ります」

この発表の後で、この後のツアーの構成が変わる?

松本「この発表を理由に変わることはありません。単純に自分たちのリリースがとか何か動きがあった時に内容は多少なり
変化することはあるかもしれないですけど、それというよりはこの発表後に続くツアーの事も考えて作ってはいます。なので、変わらないです」

今回のコンサートは5人ということを意識した?

松本「あえてというか自然にこうなったって感じですかね。はい。それ以外になんかそれが一番見せたかったってことですかね」

記者「5人の嵐

松本「はい」

無責任なのではないか?

記者「多大な功績を残されてきてお疲れさまでしたという声もある一方でまぁやっぱり無責任じゃないかと、いう指摘もあると思うんです。」

 

櫻井「無責任ではないかというご指摘に関しまして我々からの誠意はおよそ二年近くの期間をかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意です。なのでそれが届くようにこれからもたくさんの言葉をお伝えし、たくさんのパフォーマンスを見てもらい、その姿勢と行動をもって、それは果たして無責任かどうかというのを判断していただければと思っています。」

大野さんが悪者にされる?

記者「大野さんがこの決断の矢面に立つというか悪者にされちゃう可能性もあると思うんですけども他のメンバーの方がこの決断をしたときに大野さんが言ったから決めたっていうんじゃなくて自分のなかで区切りつけたかったことってないんでしょうか?」

二宮「僕は無かったです。リーダーのせいでこうなったとは同じくらいゼロに感じています。

もちろん人間なので絶対では無いですし、言ったら無限でもないわけで(無限で)あるほうが気持ちわるいと思っているのでそのポイントはどこかに置かなきゃいけないと思っていたが、僕はすごくありがたいことに楽しく活動させていただいていたから、この現状というものに関して その時期に関しても思ってはいなかったですけど、やっぱり僕らはみんなでやりたいって思った時にやるし、みんなでやりたくないときはやらないですけど、一人がやりたくないっといった時はなぜかということを徹底的に話し合ってみんなで共有して決断をするので、もしそうやってリーダーが矢面に立って、リーダーが悪者になって見えているのであれば我々の力不足だと思います。」

ファンにはどういう思い?一言かけるとしたら?

大野「まぁホントにこう突然の報告で申し訳ないという気持ちも含め、まぁやはりこうなかなか理解するのに時間がかかると思い僕らのこう話し合いを重ねてのこの期間、2年間という期間で色んな感情は勿論あると思うんですけど、やっぱりそれをちゃんと感じながら、この2年間でできるだけファンの皆さんを楽しませることをこれからも考えていくんですけど、沢山、1日でも無駄にせずこう感謝を返していけたらということを一番考えてますね」

松本「ホントに驚かせることになってしまったのは申し訳なく思ってます。ですが、今リーダーも言った通り2020年までの時間をかけそしてまぁ明日から今日発表させていただいたことで僕ら自身も前向きに毎日過ごしていきたいと思ってるので。まずは自分たちがやっているバラエティー番組とか歌番組に出た際の5人の空気を確かめていただけたら少しは安心していただけるんじゃないかないう風にも思いますし。またその中で自分たちの想いっていうのを伝えていけたらと思ってます」

櫻井「嵐じゃないとかなえられない夢が沢山ありますし。嵐じゃないと見られない景色が山ほどあると思ってます。
ここから2年かけて5人で一緒に走っていく中で、どうか、ファンの皆さんも一緒に景色見るために一緒に走っていただけたらという風に思っています

相葉「そうですね、本当に驚かせてしまったこととまぁ申し訳ない気持ちもありますし、ただその、僕らはもう決められた時間その見てくださるみなさんを楽しませるそれに全力を尽くしてあと2年間頑張らしていただきます

二宮「混乱をさせてしまったり困惑をさせてしまったりまた不安にさせてしまったりっていう点ではホントにごめんなさいと思っています。ただ、みんなが言っていたように楽しく2020年残り2年近くみんなで一緒に楽しむためにも、んー、あまり前を向きすぎずに向き合って、2年間行きたいかなと。

やっぱり前を向かれても辛い部分って多分ファンの子たちにはあると思うんで。
ちゃんとそのファンの子たちの顔を見ながら向き合いながら僕ららしく、楽しい、やっぱり嵐っていいなって思ってもらえるような2年間にしたいかなという風に思っています

 

十分な英気が養えたら嵐をまた巻き起こせますか?

松本「これはやっぱ相葉くんじゃないっすか」

相葉「いや()僕はそう、デビューの時に世界中に嵐を巻き起こしたいって始まった20年なんですけど、まだね、実際巻き起こせてないと思うので。これはもう、リーダーが同じ方向向いてくれた時は巻き起こすでいいんだよね?」

大野「巻き起こしちゃいますか?」

相葉「ふふふ()ネッ向いた時にはですけど。いつの日か」

休みの期間は何をする?

大野⇒釣りをしてても明日は仕事だと考えてしまうためお休みをいただいて気にせず今までとは違うしばられるものをはらってみたい

辞めたいといった後に休止することに心が変わったのは?

大野⇒そうゆうことでよろしいんですか?ということに着地しましたね。甘えというかなんというか。

最後に

松本「えー、まず皆様日曜日の夜に、そして発表から時間がない中でお越しいただきありがとうございます。今、自分たちが直接言葉で伝えさせていただいたことが何よりファンの皆様にきちんと届いたらいいなという風に思っています。

そしてファンの皆さま、えー、僕らはそれぞれ色んなことを話し合った中で決断を出しました。
その中で一番強く思う事は5人がそれぞれに嵐が好きだということ。

その嵐を好きな思いを持ってこれから5人で歩んでいこうと思っているので、残り2年になりますが最後までついてきていただけたらと思います。
今後ともよろしくお願いします。

櫻井⇒「えー、重ねて本日は、お忙しい中にこんな夜遅くまで今日、今会場にいらっしゃる入られない記者の皆さんも別の部屋にいらっしゃると思いますけれども。本当に夜遅くまでお付き合いいただきましてありがとうございました。

あのー、やっぱり嵐はこの5人じゃなきゃ嵐じゃないっていう強い想いがあると同時にこの5人だけでは嵐は作れないというような想いを抱いてます。

今、私たちの周りには信じられない数のファンの方々と関係者の皆様とそしてスタッフ、そんなみなさんに嵐は支えていただいてます。

ここから、およそ2年。嵐、駆け抜けていきますのでどうか同じ夢を、同じ景色を、一緒に見ていけたらな、一緒に走っていけたらないう風に思っています。これからのおよそ2年間、どうぞ嵐をよろしくお願いします。本日はありがとうございました」

大野⇒「えーホントに、えー急な報告でもう沢山の方に驚かせてしまいホントに申し訳ない気持ちでいっぱいです。ホントにこう、何度も何度も5人で、そして事務所の方々含め一緒に話し合ってきた結果です。

なのでほんとに残りの2年ありますけどホント嵐、僕らで出来ること。そしてまぁ僕、個人でもできることをこれからみんなで考えながら残り2年間嵐として走りぬきたいと思っています。なので、最後までよろしくお願いします」

相葉⇒僕はこの4人に出会えたことにホントに感謝して。ホントにファンの皆さんには色んな景色を見せていただきました。
本当にありがとうございます。

あとの2年間というのはもう全力で、楽しんでいただけるように精一杯頑張らせていただきますので、えー、最後の最後まで
皆さんどうか嵐をよろしくお願い致します」

二宮⇒和「えー、想いというものはホントに今みんなが言ったようにそれがすべてで。僕も同じく思っています。だけど、そのマインドは常に持ちながら今までと変わらずこの20年間やってきたっていうことが嘘にならないように。我々らしく、嵐らしく5人で皆さんと一緒に思い出を作っていけたらなという風に思っております。

とにかく、うん、まぁもちろんリーダーが発端でこういう決断をしたってのはもちろんあるけど。僕ら4人も休むわけで。

しっかりときっちりと休めるようにここから2年間っていうものは全力で向き合って11つのことに向き合って自分たちらしい形を残していきたいと思っておりますので、それまで一緒に楽しんでいただけたらという風に思っております。
これからもどうぞよろしくお願いします」

嵐の記者会見で無責任といったリポーターは誰か特定?櫻井翔・二宮のコメントに感動!

2019.01.28

【嵐】活動再開や復活はいつ?あさチャン2023年コメントが気になる!

2019.01.29

【嵐】活動休止は滝沢秀明による影響?活動再開や解散はある?

2019.01.27

嵐ファンクラブ入会は間に合う?2019ライブ当選確率をあげるコツ!

2019.01.31

VS嵐や嵐にしやがれの放送はいつまで?最終回の日程や後任は誰?

2019.01.30

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください