【あさイチ】夏の混ぜずしと豚肉とみょうがの酢き焼きレシピ

今日のあさイチのレシピはレーズン酢を使った夏の混ぜずし豚肉とみょうがの酢き焼きです。

お酢にレーズンと昆布を入れただけの調味料なのですが、レーズンの甘みと昆布のうまみが溶け込んだ今おすすめの調味料ですよ。

夏バテ予防にもおすすめです^^

Sponsored Link

レーズン酢の作り方

まずはレーズン酢の作り方をご紹介しますね!

材料

  • 昆布を入れる蓋つきのビン
  • 米酢(またはりんご酢):500ml
  • 昆布:30~40g
  • レーズン:100g

保存期間は常温で半年間保存可能。たくさん仕込むのがおすすめ!

お酢を使っていってなくなったらまた、お酢を継ぎ足していけば大丈夫です。

この時の注意点は使う前のビンは熱湯消毒した密閉容器に入れましょう!

作り方

  1. 蓋つきのビンに昆布斗・レーズン・米酢を入れる。
  2. レーズンはオイルこコーティングしてあるものは、洗ってからよく乾かしたものを使います。

使用は3日目からOK 1週間おくとよりまろやかになります。

レーズン昆布酢を使った夏の混ぜずし

材料

  • レーズン昆布酢:50ml
  • 赤じそふりかけ:小さじ1/2~1
  • ちりめんじゃこ:大さじ2~3
  • あたたかいごはん700g米2合分
  • レーズン昆布酢につけていた昆布(細切り)4cm×4cm
  • つけたレーズンを5~6個
  • 青じそ(刻む)、白ごま(指でつぶす):各適量

作り方

  1. レーズン昆布酢に赤じそとちりめんじゃこをいれます。
  2. ごはんに1で作ったレーズン酢を混ぜます。
  3. 昆布の千切りをご飯に混ぜます。
  4. つけたレーズンを5~6個ご飯に入れます。
  5. お皿に盛り付けて青じそと白ごまを振りかけて出来上がりです

豚肉とみょうがの酢き焼き

材料2人分

  • みょうが:薄切り2個分
  • 豚薄切り肉:160g
  • 塩コショウ:各少々
  • 片栗粉を適量
  • ごま油:小さじ1
  • レーズン昆布酢:大さじ2~3
  • しょうゆ:小さじ1/2

作り方

  • みょうがを薄切りにしさっと水にさらしてざるに取る。
  • 豚肉の薄切りに塩コショウを振ります。
  • 豚肉に片栗粉を薄くまぶします。片栗粉をまぶすことで水分やうまみを閉じ込めてたれが絡みやすくなります。
  • ごま油をフライパンに入れ、お肉を焼いていきます。
  • 豚肉を炒めたらみょうがを入れ、しょうゆとレーズン昆布酢で味を付けます。。
  • 炒まったらお皿に盛り付けます。

まとめ

今回はレーズン昆布酢を使ったお料理でした。

豚肉とみょうがは夏バテにもいいので、ちょっと疲れた時などに作ってみてくださいね(^^)

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください