旦那さんの急な転勤!子供の成長にどんな影響があるの?

旦那さんのお仕事によっては転勤の可能性があるというご家庭もありますよね。

心構えはしていてもいざ転勤となると、特にお子さんがいる場合は、

子供への影響なども考え悩みが尽きないことと思います。

我が家も、娘が3ヶ月の頃に夫の転勤が決まり、また、私自身も、幼い頃に父の転勤で3回引越しをしています。

今回は、そんな転勤族歴の長い筆者の体験談も交え、急な転勤が子供にどんな影響を与える可能性があるのかご紹介します!急な転勤にお悩みのパパ・ママはぜひ参考にしてください。

転勤が子供に与える影響は?

まずは、パパ・ママの1番の悩みである、転勤に子供を連れていって大丈夫かな?を解消するために、転勤が子供にどんな影響を与えるのか、対処法なども含めてご紹介します。

情緒不安定になる

転勤で引っ越しや転校になると、今までの環境とがらりと変わります。

お友達も住む場所も変わり、時には話す言葉や文化にも違いがある場合もあります。

すると、それに慣れる為に子供も一生懸命頑張るため、

少なからずストレスがかかり情緒不安定になりがちです。

よくグズったり、暴力的になったり、おねしょをしてしまう子もいますが、

ほとんどの場合は環境に慣れるまでの一時的なものです。頭ごなしに叱るのではなく、子供の様子をしっかり観察して、ストレスを取り除いてあげることが大切です。

また、パパ・ママもつられて慌てたりはせず、いつもと変わらずどっしり構えることが子供にとってはとても大きな安心感につながりますよ。

人懐っこく、順応性が良くなる

すでに仲良しグループが出来上がっているところに入っていくのは決して楽なことでは無いですよね。

転校はまさしくその状況を経験することになります。

最初は大変ではありますが、その経験は後々その子にとってとても役立つものになります。

お友達作りがとても上手で人懐っこく順応性を持った性格になったり、世の中にはいろんな価値観や考えを持った人がいるということを、子供ながらに学ぶことになります。

私自身、子供の頃の転校の経験が今でもとても役に立っています。

進学や就職で環境が変わってもあまりストレスを感じずにすみましたし、結婚して夫の海外転勤の話が出ても抵抗なく帯同することが出来ました。

転勤でもない限り、自分に縁もゆかりもない地域にわざわざ住む機会はありませんよね。転勤での子供への悪影響ばかりに目が行きがちですが、子供にとって大きな成長につながる機会でもありますよ!

お友達との付き合いが広く浅くなる

転校を繰り返すと、各地にお友達が増える反面、深い付き合いのできるお友達がなかなか作れない場合もあります。

仲の良いお友達を作ってもまたお別れがあるかもしれないと思うと、積極的にはお友達を作らないようにする子もいるかもしれません。

しかし、なんでも話せるお友達を1人は作って欲しいと思うのが親心ですよね。

私の場合は、転勤後も、前の学校で仲の良かったお友達にお手紙や電話できる環境を母親が作ってくれていたため、幼稚園からのお付き合いの親友がいます。

今はSNSも盛んな時代ですので、前の学校のお友達と連絡を取るのはそこまで難しいことではありません。

せっかく仲良くなったお友達とは長いお付き合いができるように親がサポートしてあげると、お友達づきあいに興味がなくなるようなことは避けられますよ!

転勤は子供にとって、いい面も悪い面もあります。

また、子供の性格によって影響も様々。

私は転校前はさみしい気持ちもありながら、新しい場所はどんな所だろう!

とワクワクしていましたが、反対に、姉は転校が嫌でしばらく落ち込んでいたりと、捉え方は血の繋がった姉妹でも正反対です。

パパ・ママは、その子の性格をよく理解して、何か様子がおかしいなと思ったら早めに対処してあげましょう。

パパママの愛情があれば大丈夫

色々な影響が出る転勤ですが、家族帯同すると決めたら乗り越えなければいけません。新しい場所は子供にとって、パパとママだけが頼れる人です。パパとママが愛情を持って接してあげることで大概のことは乗り越えてくれるはずです。では、具体的にパパとママはどんなことに気をつければいいのでしょうか?

いつも以上に子供に目を向ける

 

引越しの準備や荷解き、挨拶回りなどで転勤の前後は大忙しですが、

子供にとっても転勤前後は不安定な時期です。

忙しい中時間を作るのは大変ではありますが、いつも以上に子供に目を向けてあげましょう。

お気に入りの公園で思い切り遊んであげたり、お別れするお友達に渡すように一緒にお菓子を作ったり、

新しい場所では一緒に近所を散策したり、新しい幼稚園や学校での出来事をしっかり聞いてあげるなど、

できることは沢山あります。

私自身、転勤前後は父親も母親もなぜかいつもより優しくて、こんなに優しいなら転校も悪くないなぁ!と思ったことがあります。

また、娘は生後3ヶ月での転勤で、まだ何もわからない時期だと思っていましたが、

引越し直後は数日夜泣きをしていました。

幼いお子さんでもしっかりとケアしてあげましょう!

家族で仲良くする

お友達とのお別れでさみしい時期です。せめて家族は仲良くいましょう。

パパ・ママがいつも仲良く明るく振舞っていると、子供にとって安心材料になります。

いつでもパパ・ママは味方だよということが伝われば、子供も安心して新しい環境に踏み出すことができます。

週末は家族みんなで近所のレストランや公園にお出かけするだけでも有効ですよ!

転勤に家族帯同することは、家族みんなで一緒に居られることが何よりの魅力です。

パパ・ママが協力して上手にサポートをしてあげれば、子供にとってとても良い経験になります。家族一丸となって、転勤を乗り越えましょう!

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください