ハロウィンの衣装を手作りするコツ!

ハロウィンでは仮装をして町を練り歩くのが定番になっています。

仮装するための衣装は市販品を購入することもできますが、自分だけのオリジナルな仮装をしたい場合は手作りをすることが必要になりますね。

仮装のための衣装とは言え、制作過程は一般的な服を作ることと変わらないため手間が掛かりますが、手間を掛けずにクオリティを高めるためのコツがあります。

ハロウィンの衣装を手作りするコツは?

まず、手作りをするときにゼロから作るのではなく市販の衣服を流用することです。

たとえば、ドラキュラの衣装を作るときは黒いズボンと白いシャツはスーツなどの一般的な服を流用し、マントや顔のメイクに時間を割くことで仮装のクオリティが高まります。

手作りする衣装はマントだけなので手間と費用も抑えられますよ。

これはジャックオランタンや魔女の仮装をするときも同様で、一般的な服を流用することが手作りのコツです。
また、制作に取りかかる前に仮装したいキャラクターをしっかりと分析し、衣装の構造を把握することもコツのひとつです。

全体的な雰囲気を分かっているつもりでも、実際に制作しているとイメージと実際の服がかみ合わない部分が出てきます。

そのため、制作を始める前にキャラクターをよく観察し、衣装の全体図を書き起こすことに加えて型紙を正確に作っておくことが大切です。

その際は時間が掛かりますが、全体図と正確な型紙があれば縫製作業は手早く進められます。

作り直しをすることも減るので、全体的な制作時間は短くなるのです。
そして、細かい部分にこだわりすぎないことも重要なポイントです。

ハロウィンの仮装は夜に行われることもあり、衣装の細かい部分は目に入りません。

そのため、時間や技術が足りない場合は細かい部分は大まかな加工で済ませてしまっても問題ありません( *´艸`)

まとめ

ハロウィンは仮装をすることで他のイベントと比べても大いに盛り上がることができます。衣装を手作りするときは、コツを押さえて効率よく制作しましょう。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください