引っ越しで安心してペットと新天地へ向かう方法!

新しい家にお引っ越し!期待が高まると同時に不安もあるのではないでしょうか?

大事な家族の一員である、ペットと暮らしている方はその不安も大きいことと思います。

でもでも!一番不安が大きいのは、

しゃべって伝えることのできないペットです。

飼い主さんもペットも安心して移動するには

どんな方法があるのか、探っていきましょう!

引っ越しする時のペットの移動方法やストレスの緩和法

一番大事な移動の方法ですが、車を持っているお家であれば

迷わず自家用車を選択するかと思います。

 

ペットの様子が常に見られますし、何かあった時にもある程度

対処できるのが安心ですね。

 

車をお持ちの飼い主さんは、既にペットを車に乗せたことがあり、慣れているかもしれません。

走行中はケージからは出さず、座席で固定しておくことがお互いの為にも安全です。

 

臭いなどで車酔いしてしまうペットもいますが、ペットがワンちゃんであれば

サービスエリアなどで一緒に休憩することもできますから

安全な場所で休ませてあげましょう!

 

また、食後すぐに乗せるのはよくないそうなので、乗る数時間前には

エサを与えないようにするのがいいかと思います。

お水は休憩ごとに、欲しがっていたら適量あげましょう。

 

自家用車での移動が難しい場合に使えるのが、

電車やバスや飛行機など、公共の乗り物。

会社によって持ち込めるキャリーケースのサイズが違ったり、

条件によっては乗れないこともあるようなので、前もって問い合わせてみるのが確実です。

特に飛行機の貨物室は気になるところですので

温度などの環境も問い合わせてみたり、獣医さんにも相談してみましょう。

 

小動物の場合は特に温度変化に弱いので、暑さ寒さの対策が必要です。

確認したうえで乗せても大丈夫かなど、よく考えて決めましょう。

 

引っ越しの距離もさまざまですが、長時間の移動となると

自分の手で運ぶのは、なかなか難しいですよね。

 

自分の手で運ぶことが難しいペットの場合、お金は少々かかりますが

ペット輸送の業者さんを頼りましょう!

料金もサービスも色々なので信用できそうな業者さんを、前もって調べておくといいと思います。

 

いずれの手段もケージやキャリーケース。

またペットシーツなどのトイレ代わりのものが必要になります。

ペットシーツは移動距離に合わせて多めに用意しておきましょう。

 

ケージやキャリーケースも種類が色々あり、迷ってしまいますが

飼い主さんの手で移動手段に合った安全なものを選んであげましょう!

ペットの健康状態と相談しながら、快適な移動ができるといいですね!

引っ越し後に必要なペットの手続き

ペットも転居届がいるの?と意外に思いますが

手続きが必要なペットもいます。

ワンちゃんは、飼い主さんが市区町村に登録をするようにと
法律で決められています。

前に住んでいたところで登録した時に
もらった鑑札と、「犬の登録事項変更届」が必要になります。

引っ越し先の役所で手続き方法を確認し、必ず手続きを済ませましょう。

もうひとつ。特殊なペットの飼い主さんは、ペットを飼うときに

都道府県または政令指定都市から許可を貰いましたよね?

しっかりと管理して、飼われている場所を明らかにしなくてはいけない

扱いに注意が必要な動物が「特定動物」とされているそうで

飼っている場所が変わったら、その場所を登録しなくてはいけません。

必ず変更届を出しましょう。

新天地から住み慣れた我が家になる日まで!

無事に新居に到着し、手続きも完了したら

ほっと一息つきたいところですが

ペットが家に慣れるまでが引っ越しです!

慣れるまで時間が掛かるかと思いますが

前の家で使っていた、お気に入りのものを置いたり

飼い主さんがそばにいてあげたりと、安心できる環境を作ることによって

早く慣れてくれるといいですよね!

ペットにも飼い主さんにも、いい引っ越しになりますように!

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください