インフルエンザB型が微熱で気付かないことも!家族の体験談

インフルエンザがまた今年も猛威をふって大流行していますね!

先日主人がインフルエンザB型にかかったのですが、最初は微熱で気づかずに2日間風邪だと思っていました。

その時の経過をまとめてみましたので、ご参考にされてくださいね。

インフルエンザB型に気付くまでの2日間の症状

症状が出始めた初日はちょっと体がだるくて、微熱が37.2℃とか37.1℃とかの微熱でちょっと風邪気味だろうと思っていました。

翌日になり、まだだるさとちょっと関節が痛いといってましたが、熱も37.2℃~37.5℃で高熱にはならなかったため、そのまま仕事に行き様子をみていましたが、夜になり37.8℃に上がり念のために病院に行って検査をしてもらうことに!

微熱がでて2日目でインフルエンザ検査をし、B型の結果がでました!病院でタミフルをもらい帰ってきました。

インフルエンザのワクチンは打っていた?

主人は病院関係なので、インフルエンザワクチンは毎年打っています。

インフルエンザワクチンを打っていてもインフルエンザにかかっているのでワクチンの効果があるのかはわかりませんね(‘◇’)ゞ

インフルエンザはどこで感染したのか?

仕事中もマスクをしているし手洗いもしているので普段から気を付けているはずなんですが、他の家族はかかっていないのでどこで感染したかはわかりません。

インフルエンザの症状はいつまで続いたか?

症状がでて3日目から高熱が出始め、夜に39.7℃にあがり、昼には37.5℃~38.5℃に少し下がるといった経過です。

高熱が3日続き、6日目にようやく36.8℃に下がりました。

インフルエンザで熱があるときはお風呂はどうした?

高熱があるときはお風呂に入らず、体を拭いて着替える程度でした。

うちでは体を拭くときの蒸しタオルはタオルを5枚くらい濡らして1枚ずつ絞ってから袋にまとめて入れて電子レンジでチンしています。

蛇口からのお湯で蒸しタオルを作ってもすぐに冷めてしまい体を拭いている間に他のタオルも冷めてしまうのでレンジで作った方が長持ちします。

ただし、レンジで蒸しタオルを作るときは結構熱いのでやけどに注意してくださいね。

部屋は隔離したほうがいいの?

部屋はできれば隔離したほうがいいのですが、今回は微熱があった日からリビングの横の和室でドアをしめて寝ていました。

子供たちも近くに行ったりしていましたが、部屋の喚起をこまめに行い部屋の中に加湿器と洗濯ものを干して乾燥しないように気をつけていましたね。

子供たちがかかった場合や早くインフルエンザだと気付いたときは、他の家族への感染を防ぐために遠くの部屋で隔離しています。

主人があまり部屋から出てこないように着替えや飲み物・ティッシュ・ゴミ箱を近くにおいておきました。

微熱でも早めに病院に行くべき!

 

うちの場合は最初の2日間が微熱だったので病院に行くのが遅くなりましたが、微熱でもインフルエンザにかかっている場合があるので冬の季節は早めに病院にいって見た方がいいですね!

インフルエンザだと早くわかれば職場への連絡や家族への感染予防もはやく対処できるので怪しいと思ったら早めに病院へいって見ることをおすすめします。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください