歓迎会の二次会!新入社員のうまい断り方ってある?

色々考えて、開いてくれた歓迎会。

幹事である、先輩社員さんには申し訳ないけれど
さまざまな理由で行けない、行きたくないこともありますよね。

そんなとき、どうやって断ればいいのでしょう?

楽しんで欲しいという気持ちは、ありがたいものなので
失礼にならない断り方をしたいですよね!

新入社員が歓迎会での二次会に行きたくないのは非常識?

「歓迎会」というと、飲み会になることが多いかと思います。

「お酒があまり飲めないし……」「タバコの煙が苦手……」
「会社に入ったばかりで上司や先輩に囲まれるのはちょっと……」
「この緊張から早く解放されたい!」

このように、気を遣う会合が苦手な方も大勢いるのではないでしょうか?

「時間的にも金銭的にもキビシイ!」なんてこともありますよね。

そもそも、こういった会合というものは
仕事の外で、お互いにコミュニケーションを取るためのものであって
「強制参加」ではなく「自主参加」するものだと思います。

ですから、理由があって「行きたくない」「行けない」ということ自体は
非常識には当たらないでしょう。

二次会というものも、一次会で盛り上がって
もう少し一緒に飲みたかったり、話がしたかったりするときに行くものなので
自分にとって負担であれば、無理して行かない方がいいです。

楽しくないのにがんばって参加していたら、お互いに楽しめないですよね!
会社が開いた歓迎会であっても、「仕事」には含まれませんので
拘束力はないのです。

自身で考えて、二次会に行く意義が見いだせないのであれば
断ることも誠意だと思いますよ!

歓迎会での二次会の上手な断り方

同じ事柄でも、言い方によって印象はずいぶん変わりますよね?

自身が何かを断られたことは、ほとんどの人があるかと思います。

そのとき、口調によっては何となく否定されたように感じることも
ありませんでしたか?

断るときは、否定的な断り方ではなく
肯定的な断り方を心がけたほうが良いようですね!

「行きたくない」とか「自分の時間を大事にしたい」というのは
多くの人が普通に持っている、本音かもしれません。

でも、それをそのまま言葉にすると、相手は否定されたように感じますし
「自己中心的」と感じてしまうかもしれません。

「用事がありますので」程度にとどめておけば、当たり障りがないかと思います。

歓迎会を開いてくれた気持ちを、よく考えた上で
断ってしまって「心苦しい」とか「申し訳ない」といった
相手を尊重するような断り方をすれば、不快に感じる人は
少ないのではないでしょうか。

また、言い出しにくいとか、断りにくいと思った方は
幹事をやっている先輩に、歓迎会のお礼を伝えてから
「すみませんが二次会には行けないです」、と断るのもいいと思います。

会のまとめ役である幹事さんなら、後輩が断りにくいのも
分かってくれていると思いますし、力になってくれるかもしれません。

小さいお子さんがいるママだと、

「子供を寝かし付けないといけないので…」

自分がいないとお子さんが寝ないことや、

「帰りが遅いと、主人の機嫌が悪くなる…」

「子供を実家に預けているので迎えにいかないといけない」

など、家庭の事情であれば二次会も断りやすいですね!

男性だと「奥さんが一人だと子供の面倒が大変なので、今日は早めに帰ります。次の機会にぜひ!」

などであれば、無理に誘われることもないですよ!

とにかく声をかけやすそうな上司、先輩に
必ず挨拶をしてから帰りましょう。

こっそり帰るのだけはダメですよ!

憂うつを忘れた頃にまた二次会がやって来た

歓迎会が無事に過ぎ、ホッとしたのも束の間。

また飲み会!?ということもあるかと思います。

会社によっては、「飲み会絶対参加」のような空気が流れているところも
あるかもしれません。そういったところで断ると
「非常識」のレッテルを貼られてしまうこともあるのでしょう。

でも、その「非常識」は本当に常識でしょうか?

会社でもどこでも、お互いの信頼関係は大切ですし
コミュニケーションや連携は、しっかり取れた方がいいと思います。

ただ、それらを深める手段は、必ずしも飲み会でなくてはいけない
ということはないですよね?他にも方法は色々あるはずです。

参加するか、しないか。

選択の自由は、自身にあることを忘れないでください!

断る勇気と思いやりを持ちながら
会社の古株になっていけるといいですね!

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください