ケンタッキーの作り置きのワケは?揚げたてを食べる方法を教えます♪

ケンタッキーで先日オリジナルチキンを買ったのですが、チキンがしっとり(-.-)
ケンタッキーって作り置きをウォーマーからトングで取っていますよね。

せっかくならCMのパリパリの香ばしいイメージのケンタッキーが食べたーい!
というわけで、どうして作り置きするのか?揚げたてのケンタッキーを食べる方法はあるのか、
ケンタッキーが作り置きをするワケと揚げたてを食べる方法についてご紹介します。

ケンタッキーが作り置きをするわけは?

ケンタッキーが作り置きをする理由には調理時間が関係していて、チキンが出来上がるまで下準備に15分、揚げるのに15分、油を切るのに5分、全部で35分かかる商品です。

ファーストフードという商売である以上お待たせするわけにはいかないため、ある程度予測して作らざるをえないからです。
調理に時間がかかるので待ち時間短縮のために大量に揚げてストックしておくのですね!

また、ケンタッキーは圧力釜でチキンを揚げていて、圧力をかけることでチキンをふっくら柔らかくジューシーに揚げるためですので、皮はパリッとすることはないそうです(‘◇’)ゞ

揚げ立てを頼んだとしても、18ピース以上からじゃないと新しく揚げられないなど決まりがあります。
そんな決まりがあるとは…( ゚Д゚)

チキンは揚がってから1時間25分以内が販売可能な時間となり時間が過ぎれば破棄されますので、1時間半に1度はチキンが新しく揚がっています。

タイミングが合えば揚げたてのチキンが食べられそうですね!

作り置きするわけは

  • 調理に35分と時間がかかるのでお客様をお待たせしないようにする
  • 1度に揚げられる個数が18ピース以上からと決まっている
  • 揚げてから販売可能な時間が1時間25分以内と決まっている

という理由からだったのですね!

ケンタッキーの揚げたてを食べる方法

続いて、揚げたてを食べる方法をご紹介しまーす!

電話で予約する

調理時間等も含め余裕をもって1時間前までに電話などでご予約頂ければ、それに合わせて調理をしてご用意できる場合もあります。
実際に2ピース、3ピースなどでも注文時に「揚げたてがいい」とおっしゃる方、電話予約をされる方など結構いらっしゃるとか。
店舗によってはそういった注文も含め電話予約用のポイントカードを扱っているところもありますので、対象店舗でしたらぜひ活用なさってください(*’▽’)

開店時にお店に行く

9時以降に開店する店舗では開店時間、それ以前に開店する店舗ではモーニングメニューから通常メニューに切り替わる時間に行けば、揚げたてです。
ちなみに、ケンタッキーでは平日は12~13時と18~19時、土日は12~14時と17~20時が売れる時間帯の店舗が多いです。
そうすると忙しくなる少し前にチキンが揚がることも多いですので、その時間帯に来店して揚げたてを希望されてみてもいいかと思います。

自宅でおいしく食べるには?

自宅で食べるのであれば、電子レンジで一度中まで温め、その後、トースターかオーブンを利用すると、周りがカリッとしてあげたてに近い感じで食べられますよ。

持ち帰ったはいいけど食べる頃には箱の中でチキンがベチョベチョって事がありますよね?
あれを避けるためには、箱や袋の口を少し開けておくと良いそうです。
水蒸気が溜まりにくく、ベチョベチョになりにくくなります。
再温めの際は、箱や袋の側面に書いてあるオーブントースターを使った温め方がオススメ(*’▽’)
熱でベチャベチャの水分がある程度飛ばせますよ!

ここで、ついでにリングビスケットの温めかたもご紹介しますね。
外はサクサク中はフワフワなビスケットだけど、レンジでチンするとパサパサになりやすくなるので、 フワフワの食感にするには、醤油皿みたいなビスケットよりも小さな皿に水を張って、
その上にビスケットを置いてレンジでチン!
大体20~30秒で温まります。
水がビスケットに浸からないようにさえすれば、適度に蒸されてフワフワのビスケットが出来上がりますよ♪

まとめ

ケンタッキーの揚げたてを食べるには一度お店に電話をして予約ができるか確認してみましょう。

開店時間やお客さんの多くなる時間帯の前に行けば揚げたてを食べられるかもしれませんね!
以上、今回はケンタッキーの作り置きのワケと揚げたてを食べる方法のご紹介でした。

ではまた~(^^)/

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください