子供が発熱した時はお風呂に入れてもいい?見極めのポイントと注意点

子供が熱を出してしまったら、お風呂に入れてもいいのかどうか気になりますよね。

以前娘が発熱した時に、発熱でたくさん汗をかいているからお風呂で綺麗にしてあげたいけれど、

熱がある場合はお風呂は避けたほうがいいって聞いたことがあるような…。

ととても悩みました。

同じような悩みに直面するパパ・ママは少なくないと思います!

そこで今回は、子供が発熱した時のお風呂事情について解説します。

子供が発熱した時はお風呂に入れてもいい?見極めのポイントは?

「熱を出している時はお風呂は避けたほうがいい。」

という話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

調べてみると実はこれ、自宅にお風呂がなかった時代のお話なのです!

自宅にお風呂がなくて、銭湯通いが一般的だった時代、

銭湯からの帰り道で湯冷めをして、風邪を悪化させてしまうという理由から、

熱がある時はお風呂を避けるようにと言われていたそうです。

つまり、お風呂そのものよりも、湯冷めが風邪の悪化につながるということです。

現在では、自宅にお風呂があるのが一般的となり、

脱衣所なども暖かいことが多く

湯冷めの心配が減ったことから、条件次第では

『発熱時でもお風呂に入って大丈夫』

というお医者さんが増えているようです。

では、お風呂に入れても良い条件とはどんなものなのでしょうか?
次に挙げる見極めのポイントを確認して、お風呂に入れるかどうか判断してあげてくださいね。

・高熱を出していませんか?

まずは、お熱を確認しましょう。38度を超える高熱を出している場合、たとえ元気に見えてもお風呂は避けたほうが良いでしょう。

お風呂に入ることで体力が消耗して風邪などの体調不良を悪化させる恐れがあるためです。

お風呂に入れても良いのかどうかは、38度未満のお熱で、元気と食欲があることを一つの目安にしましょう。

子供の場合、熱が出ていても元気に動き回り汗をいっぱいかいていたりするので、お風呂に入れてあげてスッキリさせることが出来たら気持ちがいいですよね。

・元気はありますか?様子がおかしくはないですか?

毎日の様子と比べ、元気がなかったり顔色が悪い下痢や嘔吐など様子がおかしいことがあればお風呂は控えたほうがいいでしょう。

下痢や嘔吐をしている場合は、いつもより多く水分が奪われています。

お風呂に入ってさらに水分が奪われてしまうことを防ぎましょう。

少しでもおかしいと思うことがあれば、無理にお風呂に入れることはありませんよ。

体調が回復してからで十分です。

・解熱剤等のお薬を使用していませんか?

お熱が下がっていても、解熱剤の効果によるものだと、効果が切れた時に急に熱が上がることもあります。

解熱剤や他のお薬を使用している時は、かかりつけのお医者さんや薬剤師さんに、

お風呂に入れても良いかどうか、お薬使用から何時間後ならお風呂に入れても大丈夫かを確認しておきましょう。

お風呂に入れても良いかどうか見極めるポイントは理解できましたでしょうか。

子供の発熱を悪化させないためにも、お風呂に入れても大丈夫かどうかしっかりと判断してあげてくださいね。

子供が発熱した時はお風呂に入れてもいい?入浴時の注意点は?

次に、お風呂に入れる際の注意点をご紹介します。

元気そうに見えても、発熱をしているということはいつもよりも体力が奪われている証拠です。

風邪等を悪化させないためにも、お風呂に入れる際は、次の入浴時の注意点をよく確認しておきましょう。

・短時間で終わらせる

小さな子供を短時間でお風呂に入れるのはなかなか難しいですが、発熱している時はできる限り早く終わらせましょう。
長時間の入浴になると、体力や水分が奪われ、体調の悪化につながります。「お熱が出ちゃうから早く出ようね」など上手に声かけをしながら早めに切り上げましょう。

・温度設定は少しぬるめに

熱いお風呂に入ると、必然的に体温も上昇します。ただでさえ発熱して体が火照っている状態なので、熱いお風呂に入るのは避けましょう。
温度設定の目安は、37度〜38度程度です。
また、発熱している時はシャワーだけで済ますというのも一つの手です。

・湯冷めしないための工夫

冒頭でも書いた通り、発熱時のお風呂で気をつけたいのが「湯冷め」です。

お風呂上がりで体や髪の毛に水分が残っていると、一気に体が冷えてしまいます。

湯冷めを避けるためにも、脱衣所や部屋の温度を上げておく、髪の毛はすぐに乾かすなどの工夫が必要です。

そして、お風呂上がりすぐに寝る時にも注意が必要です。

私が幼い頃には、お風呂から上がったら体が冷える前にお布団に入るというのが我が家のルールでしたが、どうやら間違っていたようです。

お風呂上がりで体が火照ったままの状態ですぐにお布団に入ってしまうと、たくさん汗をかいてしまい湯冷めに繋がることがあるそうなのです!

湯冷めを避けるために、ある程度火照りが収まるまで休ませてから、お布団に入ると良いでしょう。

まとめ

子供の発熱は心配事が多くて何かと慌てがちですが、子供の様子を冷静に観察して、お風呂に入れるかどうかを判断してあげましょう。

数日お風呂に入らなくても、子供の体に悪いということはあまりないので、少しでも無理そうかな?と感じたらお風呂はやめておく方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください