子供の熱がある時、何を注意すべき?外出はさせていいの?

子育てをしていると、体調を崩してしまうこともよくありますね。

中でも、子供の熱がある時には何に注意をしたらよいのでしょうか。

また、外出させても大丈夫なのか気になりますね。

そこで、今回は子供の熱がある時の注意点と外出についてご紹介します。

Sponsored Link

熱がある時に注意しなければならないこと

子供に熱がある時に注意しないといけないことは、子供の行動や表情をよく見てあげることです。

子供の熱の場合は、熱の高さよりも重症度を大事にするほうが良いです。

その一番の判断できる方法が、目力です。

これは、視線の強さのことです。

しっかりと、物が集中して見られるか物を追いかけて見ることができるかが大切になります。

この、目力により熱の重症化を知ることができます。

熱よりも、むしろぐったりしていること顔色が悪いことのほうをよく見ていてあげましょう。

先ほどの、目力のように目がうつろで子供と視線が合わない場合にはすぐに医療機関に来ましょう。

風邪などとは違った何かの他の病気にかかっている可能性もあります。

我が家でも、子供たちが熱を出した時にはやはりすぐに小児科に行くようにしています。

ただの風邪だと思っていても、何か他のウイルスの場合もありますので医療機関には必ず行きましょう。

Sponsored Link

熱がある時の外出で注意しなければならないこと

子供に熱がある時には、基本的には外出は控えましょう。

しかし、一人で留守番ができないなどの理由で連れて行かないといけない場合は

買い物リストなどを作り、なるべく短時間で買い物できるようにしましょう。

熱が下がったからといって安心して、外出させるとまたぶり返すこともあります。

念には念で、十分に熱が下がってからの外出にしましょう。

どうしても出かけないといけない場合は、マスクをさせて他の子供にも影響がないようにしましょう。

我が家の子供の場合も、小児科の帰りなどに熱があるのに買い物についてくることもあります。

その場合は、仕方がないのでマスクをさせてなるべく短時間で買い物を済ませるようにしています。

なるべく病状が悪くならないように洋服をしっかり着せることにしています。

子供の体調管理をしっかりとしておくことが大切です。

熱が下がったからといっても、すぐの外出は控えましょう。

まとめ

今回は、子供の熱がある時の注意点と外出についてご紹介してきました。

我が家でも、急に熱を出したりすることが多いです。

基本的には、子供は熱がある時にはよく様子を見てあげましょう。

そして、熱が下がるのをよく見極めてあげることが大切です。

子供の体調を良く管理してあげましょう。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください