子供が急に熱を出した時の対処法は?解熱剤は必要?病院受診のタイミングまで!

子供の急な発熱は慌ててしまいますよね!初めて子供が熱を出した時は慌てて病院に行った経験があります。

どういう場合に病院に行くのか解熱剤は必要なのかここでお伝えしていきます。

子供が熱を出した時の対処法は?

なんだか顔が赤いなぁー、ちょっと元気がないと思って体を触ったら熱が38、5度出てるー!という事が今まで何度かあります。さっきまで遊んでいたのに何で??もう病院も開いてないしどうしよう!っていう事があります。

熱は体が病気を治そうとする反応なので無理に下げる必要はなく熱があっても元気があり、食欲もあれば翌日病院があくまで自宅で様子を見ていても大丈夫です!

なので、熱に気が付いたら、けいれんや嘔吐、熱以外の症状がないか慌てずによく観察してみましょう。

ただし、3ヶ月未満の乳児ぐったりして水分も取れない場合は夜間救急に問い合わせをして病院の受診をしましょう。

熱をだした時に家ですることは?

  • さむがっている時には温かくしてあげます。
  • 熱が上がり切って体温が熱くなったら着替えをします。着すぎたり布団をかけると熱がこもって余計に体温が上がってしまいます。手足が熱ければ薄着にして汗をかいたら体をふいてあげましょう。
  • 嫌がらなければ、わきの下や太ももの付け根などをアイスノンで冷やしてあげましょう。わきの下や太ももの付け根には太い血管が通っているので体を冷やすのに効果的です。
  • 起きている時に経口補水液や水分補給をこまめに行います。汗と一緒にミネラル成分も失われているのでプリン、ゼリー、ヨーグルト、アイスなど子供の好きな物を食べさせて栄養を補給しましょう。

解熱剤は必要?

子供が熱を出したら解熱剤をもらう事がありますが、どんな時に飲むか迷いますよね!

うちの子供の場合は熱がでたら頭が痛くなるので、どうしてもきつい場合だけの飲むようにしています。熱を一気にだしてしまった方が風邪の治りも早いような気がします。

38、5度以上の熱があっても元気があって食事も取れれば必要ありません。

一般的に解熱剤を使うタイミングは

  • 高熱できつくてねむれない
  • 水分や食事がとれない

などの場合に使うといいといわれます。解熱剤は薬の力で一時的に熱を下げる事で体を楽にして水分や食事をとれるようにするのに役立ちます。お子さんの様子をみて使うようにしましょう。

病院を受診するタイミングは?

病院を受診しようかどうするか迷った時のために目安をお伝えしますね!

こんな症状があったら病院をすぐに受診しましょう!

  • おしっこの回数が少ない、量が少ない、おしっこの色が濃い
  • あせをかかない
  • 唇が乾燥している

場合は脱水をおこしているので水分補給が必要です。

その他の症状は、

  • うとうとして意識がもうろうとしている
  • 熱性けいれんをおこしけいれんが2~3分たってもとまらない
  • 呼吸がおかしい

などの症状は緊急を要するのですぐに病院を受診しましょう。

困った時は、♯8000といって電話で看護師さんに相談できるので近くの病院の案内やアドバイスをいただくこともできますよ!

いざとなると慌てるので、よくみえるところにかかりつけ医や夜間救急の電話番号などを貼っておきましょう。

まとめ

子供が高熱をだすと病院に連れていくか、いつ熱が下がるのか、解熱剤を飲ませた方いいのか迷ってしまいますが、もし、夜に熱がでたら水分や食事がとれて元気があれば翌日に受診すれば大丈夫です。

3ヶ月未満の乳児や、水分が取れない、意識がもうろうとしている、けいれんした、呼吸がおかしい場合はすぐに夜間救急を受診しましょう。

 

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください