子供が一人でお留守番!子供のご飯を安全手間なく作るには?

子供が、夏休みなどで一人でお留守番する時にお昼ご飯をどのようにしようか考えますね。

安全で手間ななく作りたいですね。

そこで、今回は子供のお留守番のご飯についてご紹介します。

大皿で作り置きしておけば安心安全

子供のお留守番の、お昼ごはんにはオムライスやチャーハンを用意する家庭も多いでしょう。

しかし、そんな時間がないというママには大皿で作り置きをお勧めします。

基本的には、焼きそば、焼うどんなどが大皿料理の定番です。

夏は、食中毒や食あたりが気になりますね。

そんな時に、レンジで2分くらい加熱すると安心です

そのレンジですが、気を付けないと火傷する恐れがあるので子供に使い方を教える時にはしっかり教えましょう。

温めた後は、熱いのですぐには触らせないようにも教えておくといいですよ!

大皿料理は、野菜などもたくさん入れられるのでボリュームたっぷりにできますね。

大皿を作るのが一番です。

私も、お昼自分がいない休みの日には子供達にはチャーハンを作ることが多いです。

子供達もお腹持ちが良いように野菜をたくさん入れるようにしています。

栄養のバランスも大切ですね。

たまには冷凍食品、レトルト。コンビニ食品でお手軽に

子供のお留守番のお昼ご飯にたまには、冷凍食品などを利用するのもお勧めです。

冷凍食品と言えば、簡単すぎると思われがちですがいろんなものを上手に飾り付けたりするととても良いものになりますよ。

レンジにかけて冷蔵庫に入れておきましょう。

オススメは、自然解凍でも大丈夫な冷凍食品です。

子供にも安心して手間なく用意できますし、レンジを使わせるという心配がなくなりますからね。

冷凍食品の唐揚げやコロッケを盛りつけ横にトマトやアスパラ、ブロッコリーを湯がいたものを盛りつけるのも良いですね。

そのうちに、冷凍食品に飽きてしまう子供もいるでしょう。

その場合は、レトルトや、コンビニ食品を利用することも良いでしょう。

お湯は、電気ポットで温めたりレトルトは、レンジで温めると安心ですね。

出来る限り、子供にガスを使わせないようにしましょう。

子供に、もっと野菜を食べさせたい場合は夜にたくさんの栄養を摂れるように工夫しましょう。

まとめ

今回は、子供のお留守番のご飯についてご紹介してきました。

子供にどのようなものを食べさせるか悩みますが、簡単に作れるもの手間のないものを利用することが一番です。

子供には、ガスを使わせないように安心して出来るものを用意したいですね。。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください