子育て経験があるからってうるさい!実母にイライラが止まらなーい!!

子供を生んで子育てをしていると、実母が細かいことに口を挟んできてうるさいなと、感じてしまうことがありますね。

自分で考えて、子育てをしている時に実母にこれは違うあれは違うと言われると腹が立ちますね。

今回は、そんな実母との関係をうまく保つ方法についてご紹介します。

Sponsored Link

実母にイライラ…どうすればいい?

実母との関係にイライラしてしまう時には、どうすればよいのでしょうか?

  1. 実母とよく話し合いましょう。

実母だからこそゆっくりと、話し合いましょう。

子育てについて自分の思っていることを、実母に伝えることでイライラが少し解消されるかもしれません。

また、実母が子育てをしてきた時代と現代の子育ては違ってきています。

それについて、書かれている雑誌や育児書を見せて自分の育児の在り方を実母に理解してもらいましょう。

  1. 実母の意見も理解するおおらかな気持ちでいよう。

実母と張り合うのではなく、子供であるあなたが少し大人になりましょう。

母親も私のことを思って色々忠告してくれているのだなと、おおらかな気持ちで受け止めましょう。

母親からのアドバイスも良いと感じたときは、取り入れ自分の方が良いと思うところは自分の方法で進めたらよいでしょう。

私も初めての子育ての際には、実母から色々細かいアドバイスをもらいました。

しかし、子育ての在り方も現在とは違うことも多いです。

ですので、アドバイスはありがたく受け止め自分で判断して育児をするようにしてきました。

実母も娘のことを心配していろいろと忠告してくるのです。

上手に付き合いたいですね!!

Sponsored Link

母との関係をうまくやっていくには?

実母との関係をうまく保つにはどのようにしていけばよいのでしょうか。

まずは、自分が素直に実母に気持ちを伝えることが大切です。

例えば、お母さんにこのようなことを言われて傷ついたや、お母さんの意見に私はこのように思うという意見をはっきり実母に伝えましょう。

娘の切実な気持ちを知るとまた、実母もそれにきずくでしょう。

面と向かって言うことは勇気がいるかもしれませんが直接伝えることが大切です。

そのことがきっかけで、実母との仲は悪くなることはないでしょう。

私も、本当に気になることがある場合は母には話すようにしています。

やはり、親子であっても意見は食い違うものそこは、話をきちんとつけることが大切になります。

まとめ

今回は、実母との関係をうまく保つ方法についてご紹介してきました。

母親とは、子供を出産するとまた関係が変わってきますね。

頼りにはできますが、自分と子育てを通して意見が対立したりしてしまいます。

親子でよく話し合い良い関係で、子育てしていきたいものですね!!

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください