子育て中の共働きのメリット、デメリット

子供を育てる中で共働きをしている夫婦は多いですね。

私の知っているママさんでも専業主婦よりも、共働きのご夫婦が多いです。

そこで、今回は子育て中の共働きにまつわることについてご紹介していきます。

Sponsored Link

子育てママの共働き率ってどのくらい?

子育てママの共働きの確立はどのくらいなのでしょうか。

内閣府で毎年調査されているデーターによると、平成9年以降共働きの世帯が専業主婦の世帯より多くなっていることが分かります。

最近では、夫婦共働きの世帯が1077万世帯、専業主婦世帯が720万世帯となっていて夫婦共働き世帯が大幅に増ええ居ます。

割合なら、夫婦共働きの世帯が59.9%専業主婦世帯が、30.1%となっています。

私の知り合いのママ友達も、子供が入園入学を機に働き出す人が多いです。

共働き率は、本当に高いと言えるでしょう。

子育て中の共働きのメリット、デメリット

子育て中の共働きのメリット、デメリットは、どんなものがあるでしょうか。

Sponsored Link

子育て中の共働きのメリット

経済的に安定する

ママも働くことにより、お給料も入ってくるので経済的にお金が安定すると言えます。

将来のためにお金を蓄えたり使う楽しみも増えますね。

働くことで生き生きする

専業主婦で家ばかりにいると、気がめいりがちですが外に出て働くことでメリハリが出来て生き生きして暮らすことができます。

仕事をしている時の方が公私ともに自分のために良いママさんもいることでしょう。

パパのプレッシャーが減る

仕事はパパだけがしているのでは、なくママも仕事を始めたらパパが抱えていたプレッシャーも幾分軽くなることでしょう。

ママも収入があるのでパパも少し余裕が持てるでしょう。

子育て中の共働きのデメリット

ストレスが増える

会社の仕事をするのでやはり責任感があり、ストレスが出ます。

会社にもよりますが、子育ての配慮がある場合は良いですがそうでない場合はストレスがたまりやすくなります。

自分でストレス解消法を見つけましょう。

無理もしないようにしましょう。

時間が無くなる

働き始めると、やはり仕事に追われたりして自分の時間が持てないママが多いようです。

家に帰っても家事や、子供の世話に追われますので自分の時間が持てませんよね。

子供との時間が減る

やはり、外で長く働けば働くほど子供と過ごす時間が短いことが出てくるようです。

子供とあまりコミュニケーションが取れていないと、ママとしてもちゃんと育児が出来てないと思い悩む人も多いようです。

子育て中の夫婦共働きになると、家計的には安定しますが子供と過ごす時間が減ったり家事の負担が出来たりします。

夫婦でよく話し合い助け合うようにしたいものですね。

まとめ

今回は、子育て中の共働きにまつわることについてご紹介してきました。

子育て中で、共働きの夫婦は現在では当たり前になりましたね。

しかし、子育て中のメリット、デメリットをよく夫婦で話し合い、助け合っていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください