子育て!実際どれくらいのお金がかかるの??不安を解決

子供を育てるってなると、お金の面で凄く不安を感じる時ありますよね…。

私も早くに子供を授かり出産し、稼ぎも全くない様な状態だったので、
出産の費用から、子供を産んでからのお金に対して凄く心配と不安がありました(´・ω・`)
今回は、

「子供を産みたいけれど、お金ってどのくらいかかるの??」

「妊娠・出産費用は様々な制度でサポートしてくれる!?」

2点について書いて行きたいとおもいます(^^)

✿子供を産みたい!でも実際お金っていくら必要!?

まず、子供1人を成人させるまでにかかるお金は、1千万くらいかかると言われています。

<とてつもない金額じゃん!?(´゚д゚`)>

って感じしますよね(´・ω・`)

この金額には、保険やらなんやらって色々な金額がまざっていて、大まかなものみたいです。

家庭によって違うと思いますし、目安程度に思っていただければと思います。

今回は、妊娠~1歳になるまでに必要なものを例としていくつか挙げていきますね!

妊婦健診

妊婦さんになると、週数によって病院に行く回数は変わります。

母子手帳を貰うまでは、健診は公費の助成が受けられません。

<妊婦健診は、保険外診療なので全額自己負担です。>

なので、最初のうちは多めにお金を用意していくといいです。

マタニティグッズ

ある程度お腹が出てくると、マタニティ用品が必要になってきます。

お洋服に関しては、マタニティ用の物でなくても大丈夫です!
安い洋服店でサイズを大きめに買ったりすればバリエーションも多くてオシャレも楽しめます(。-`ω-)

出産準備セット

ベビー用品やらママの産後セット、結構ここでお金かかります(;´Д`)

とくにベビー用品は布団やベビーカーなど大きな物から小さな物まで…

お金のかかるものが多いです..(+_+)

最近はベビー用品のレンタルもあります!!

産院やベビー用品を取り扱っているお店などにカタログが置いてあったりするので、

気になった方は行った時に見てみてください!(^^)!

あとは、中古で揃えるのも手です!

ネットで大体の中古品の相場をしらべてから、中古品を売っているお店にいって、

「これは!!買いどきだ!!!」

って思ったら買うのがいいです(笑)

我が家もベビーカーや、2人目のチャイルドシートは中古で揃えました(‘ω’)

出産費用

病院や部屋のタイプ、分娩方法によって変わります。
大体30~70万くらいです。

産後

産後にもママは1度健診があります。
赤ちゃんも定期的に健診があります。(助成券あり)

予防接種

生後2か月になると予防接種が始まります。
国や自治体が接種を強く進めているワクチンは<ほとんどの地域で無料>
任意で接種をするかどうかを決められるワクチンは<基本的に自己負担>

月にかかる赤ちゃん代

ここも月齢によって変わってきます。

  • 粉ミルク    1缶(約2500円くらい(メーカーによる))
  • オムツ   1パック(1500円くらい(メーカーによる))
  • おしりふき 1ケース(約1800円くらい)

※おしりふきは、1ケースで買うと大体1か月はもちます。
他にもほにゅう瓶などを消毒するもの(約800円くらい)もあります。

粉ミルクとオムツは最初のうちは本当に消費が早くて、すぐ無くなります( ;∀;)

ある程度大きくなり、離乳食も始まるとミルクを飲む回数も減ってくるので、

月にかかってくるミルク代も減っていきます。

✿妊娠と出産費用は様々な制度でサポートしてくれる??

最近は、妊婦さんの経済的な負担を減らす為、国や自治体でサポートしてくれる制度があります。

助成券

妊婦健診の回数は15~16回です。
自己負担をするとかなりの額になってしまいますが、
自治体で母子手帳を貰うと、母子手帳と一緒に助成券ももらえます(^^)
これを使うと金額が安くなったり、無料になったりすることがあります。
<初回の健診や基本的な助成項目以外は自己負担になるので注意>

分娩入院費

分娩入院費は、健康保険が適用されます。
出産には40万前後のまとまったお金が1度に必要ですが、
健康保険に加入している人は、健康保険から42万(産科医療制度に加入していない産院の場合40万4000円)の<出産育児一時金>が給付されます。
※42万からはみ出した額は、自己負担です。

また、出産育児一時金は健康保険から産院に直接支払われる<直接支払制度>もあります。
これを利用すると、退院時に産院の窓口で支払うのは差額分だけで済みます。

帝王切開

自然分娩だと基本的に保険適用外ですが、帝王切開の場合は健康保険が適用される部分とされない部分があります。
帝王切開にかかった費用のうち、手術・投薬・検査・処置にかかわる費用は対象で、窓口で3割負担。
※差額ベッド代や入院中の食事代は、対象外。

✿まとめ

ここに書いた以外にも、保険などに入っておくともしもの時に役立ちます。
私は、妊娠7か月の時に切迫早産で緊急入院になり1週間近く入院させられた時がありました。
だけど保険に入っていたので、そこに問い合わせたら1日1万円で7日分..7万円が戻ってきました!!

子供を産むのも育てるのも沢山お金がかかりますが、お金以上に子供は凄くかわいいです(笑)
ワガママで生意気なことばっかりしますが、子供が1人いるだけで家の中が凄くにぎやかになります( ̄― ̄)(笑)

お金のことで迷っている未来のママさん!
人ごとに聞こえてしまうかもしれませんが、何とかなります!!!
我が家も裕福ではないです。
貧乏なのにしかも性別違いの年子がいてお金の面では毎日節約状態です(笑)
でも凄く面白いです(笑)
お金がないと苦労しますが、子供たちの笑顔を見るために一緒に頑張りましょう(>_<)

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください