小塚崇彦の現在の仕事はトヨタでレーサー?新ビジネスは小塚ブレード?

小塚崇彦さんが坂上&指原のつぶれない店に出演されますね!

  • 2010年バンクーバーオリンピック8位
  • 2011年世界選手権2位、
  • 2008年GPファイナル2位
  • 2010年全日本選手権優勝
  • 2006年世界ジュニア選手権優勝

など数々の実績を出された小塚さんですが、現在は何をしているのか、また新しく始めたビジネスが気になったのでここでご紹介しますね !

Sponsored Link

小塚崇彦の現在の仕事はトヨタでレーサー?

2016年2月にフジテレビアナウンサーの大島由香里さんと結婚し、3月にフィギアスケートを引退しています。

その後,しばらくはトヨタ自動車の社員としてスポーツ関連の部署で社業に専念していましたが、2018年1月にはレーシングチームの『埼玉トヨペット Green Brave』が開催する育成プログラム入りすることが発表され、国内最大規模を誇る自動車のワンメイクレースの86/BRZレースへ参戦を決意されました。

こちらがツイッターでの様子です(^^)

残念ながら今回は決勝には進めなかったようですが、今後の活躍が期待されますね(^^)

2017年7月アイスショーに復帰

一旦アイススケート界を引退しましたが、やはりアイススケート界のサラブレッド!

2017年7月に1年3ヶ月ぶりに復帰されています。

ウイキぺディアでによると、

2017年2月1日、「Sports Graphic Number」でのインタビューで小塚は「これからは自分の技術を伝えることで、フィギュアスケート界に恩返しをしたいと考えています」とコメント、所属中のトヨタ自動車・強化運動部の業務と並行して、10か月ぶりに再びスケート界へ携わる事を表明。同年7月14日から「プリンスアイスワールド東京公演」へ出演し、現役引退以来1年3か月振りにアイスショーへ復帰した。

引用:ウィキぺディア

小塚崇彦さんが始めた新ビジネスは何?

小塚崇彦さんですが、4月24日名古屋市内の企業とともに開発したスケート靴のブレードを発表し、販売を開始しています。

その名も『KOZUKA BLADES』小塚ブレード!です(^^)

坂上&指原のつぶれない店で紹介される新ビジネスはこのブレードの販売かもしれませんね!

11.5kgの塊から削り出された271gのブレードが作られ、価格は17万5000円(税別)!

小塚さんによると、今までのブレードの価格が平均7~9万で男子は1~2カ月、女子は8~9カ月で交換するので、平均をとって6カ月で交換するとすれば、オリンピックとオリンピックの間の4年の間に8回交換が必要になり、8万円×8回で64万円かかってしまうのが、このブレードは16カ月はもつので4年間で3回の交換、52万5000円におさえられると話しています。

業界では初めてのことですが、6カ月間の保証書もついているので、スケートをされている方のためにブレードを開発されていたのですね!

まとめ

現在の小塚崇彦さんはレーサーやスケートのブレードの開発など様々なものに取り組まれているのですね!

これからもいろんな場面でのご活躍が気になります(^^)

 

 

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください