キャンプ場でブヨに刺された!症状は?刺された時の予防や対処法

夏休みに入ってすぐ子供たちの夏休みに家族で初のキャンプに出掛けました。

キャンプなので虫刺され予防のスプレーを持参して準備は万端のつもりでしたが

ブヨという厄介な虫に刺された時の症状や予防法などその時の事を書いていきます。

Sponsored Link

ブヨに刺された時の症状は?

虫除けスプレーをしてから夕方に外でバーベキューをしていたら、いつも見かけない小バエのような小さな虫が飛んでたのですが、気にせずにバーベキューを楽しんでいたところ、足がチクッとして見てみると、血を吸っていたのでびっくり!

気づいたら私だけ手やら足など20か所くらい刺されていました(T_T)

でも、血を吸われた割にはかゆくなかったのでムヒを塗ってその日の夜は様子を見ていたのですが、翌朝になり、なんとなく足が痛いなぁと見てみたら昨日刺されたところが赤く腫れています。

だんだんと痒みも出てきて夕方ごろには腫れて痛みと痒みが強く軽い頭痛の症状がでました。

患部は触ると熱を持っていて熱かったです。これはただの虫ではなさそうだ!といろいろネットで調べ、症状からブヨ(ブユ)だと初めて知りました。

かゆくてかゆくてムヒでは全然効かなくなり刺されて2日後病院へ。

病院へ行き一番強いステロイド軟こうを貰って塗るとやっぱり効果がありますね!

痒みと痛みがおさまりました。ただ、痒みの症状は軽くなりましたが結構長く続き治ったかなぁと思って放置したらまた時々痒くなるという繰り返しですね。

ブヨは吸血する虫で蚊とは違い皮膚を噛んで食いちぎって血を吸うそうです。

チクッとすることもあれば気づかないうちに刺されていることも多いそうですが、実際私もチクッとしたのは数か所で他は後から気づきました。

私が経験した症状をまとめると

  • 刺された時に血がでてチクッとする
  • すぐには痒みがでない
  • 時間が経ってから赤くなり痒みとじんじんした痛み・腫れや患部が熱を持ってくる
  • 腫れや痛みが強いとき軽い頭痛がした
  • ムヒでは効かない
  • 治るのに時間がかかる。治っても後がのこり硬くなる(掻いてしまった所)
  • 数十か所ほど刺された

という感じです。ほかの刺された方のブログや皮膚科のホームページを見てみましたが他の症状として水ぶくれや30か所以上刺されると熱や重い症状をおこす事があるというのでちょっと怖くなりました。

では、刺されない為にはどうすれば良かったのか刺された時の対処法など振り返りたいと思います。

Sponsored Link

ブヨに刺されないための予防法

まず、あの厄介なブヨに刺されないためにはどうするか!いくつか予防法があるのでご紹介します。

・明るい服を着る

家族の中で20か所ほど刺されたのは私だけでした。

ネットで検索してみるとブヨは黒い服に寄って来るそうで、その時の私の格好は黒のふくらはぎまでのズボンと紺のポロシャツ。

まさにブヨの寄ってくる服装(T_T)知っていれば明るい服にしたのにと後悔です…なのでアウトドアに出掛ける時は明るい色の洋服でブヨが近づくのを避けましょう。

・ブヨにも効く虫よけジェル

キャンプの時私が使ったのはスプレータイプの虫よけスプレーを使いましましたが、スプレーだとうまく肌につかず効果が薄かったのではと考えます。

ジェルタイプの虫よけ薬品の方が肌にきちんと塗れるので今後のアウトドア用にスプレーをやめてジェルの虫よけを購入し直しました。

・長袖、長ズボンで肌の露出をさける

たかがキャンプと甘くみていた私は日焼け止めを塗り半そで、半ズボンで行きました。ブヨやほかの虫刺され予防のためにも長袖長ズボンで肌の露出を避けましょう。

・朝、夕方は河川に行かない

ブヨは河川にも多く、朝と夕方に活動が活発になるそうです。

私たちは夕方川に泳ぎに行ったのでそこで刺された可能性もあります。なので朝や夕方は河川へ行かないようにしましょう。

ブヨに刺されてしまったら?

 

・ポイズンリムーバーを使う

噛まれたらすぐにポイズンリムーバーを使うことでブヨの出した酵素の毒素が吸収されるのを最小限にします。ポイズンリムーバーがない場合も刺されたらすぐに患部を強くしぼって毒素を出すようにすれば後々の症状が軽くなるそうです。

・かきむしらないこと

刺されてから数時間後に強い痒みが出てきます。

ここで私は我慢が出来ず寝ている間にも搔いていたため、かさぶたが出来てしまいしこりのようなものと傷跡が茶色く残っています。

なかなか綺麗にならず治るまでに相当時間がかかりそうです。

・皮膚科の病院を早めに受信する

数十か所もさされたりしたら症状がひどくなる前に皮膚科の病院を受診しましょう。ステロイドの軟膏や飲み薬などで症状がだいぶ楽になります。

まとめ

今回ブヨに刺された時の症状や予防法・対策などを書きましたが、刺されると本当に痛くて痒くて大変です!

幸い子供たちは2,3か所しか刺されておらず、腫れたり痒みもひどくなくて刺されたのが私で良かったと思います。

もし子供が数十か所も刺されていたら痒みとジンジンした痛みで大変だったでしょう。

せっかくの楽しいアウトドアもブヨに刺されたら台無しです。

前もって予防法を知ることで対処できるので次のキャンプでは虫さされに気を付けて楽しみたいですね!

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください