桃の節句の意味と由来は?縁起がいい食べ物は料理は?

3月3日は桃の節句、ひな祭りがやってきますね!

初節句を家族や親せきでお祝いされるかたもいらっしゃると思います。

ここでは、桃の節句に由来や演技のいい食べ物をご紹介してますのでご参考にされてくださいね(*’▽’)

桃の節句の意味と由来

節句(せっく)は、中国の陰陽五行説に由来して定着した日本の暦(こよみ)における、伝統的な年中行事を行う季節の節目(ふしめ)
となる日です。

日本の文化・風習。節供(せっく)、古くは節日(せちにち)ともいうそうです。

この日には、日本の宮廷において節会(せちえ)と呼ばれる宴会が開かれました。

年間にわたり様々な節句が存在しており、そのうちの5つを江戸時代に幕府が公的な行事・祝日として定められました。

それが人日の節句、上巳の節句、端午の節句、七夕の節句、重陽の節句の五節句です。
人日(じんじつ)の節句は1月7日 七草(ななくさ)の節句です。

7種の野草あるいは野菜が入った粥(七草粥)を食べる日ですね。

端午(たんご)の節句は、子どもの日5月5日。

七夕は7月7日。

重陽(ちょうよう)の節句は9月9日。

菊の節句と呼ばれます。
3月3日のひな祭りは、正しくは上巳(じょうし、じょうみ)の節句といいます。

3月の初めの巳の日という意味ですが、のち3日に定まり、また、ちょうど桃の季節なので、今では桃の節句という美しい名で親しまれています。

女の子の健やかな成長を願う節句で、ひな人形を飾り、白酒、菱餅(ひしもち)、あられ、桃の花、なの花を備えてまつります。

桃の節句にいい食べ物はあるの?

桃の節句、ひな祭りの料理はやはり、ちらし寿司とはまぐりのお吸い物ですよね。

はまぐりは女の子の美徳と貞節を意味するもので、ちらし寿司の具である蓮(れんこん)やエビも縁起がいいものとされ、お祝い事には良く使われます。

  • 白酒
    桃のお花をお酒に浮かべた中国の(桃花酒)が伝わったと言われています。甘酒と思われている方も多いですが、お酒です。
    子どもには飲めないので、甘酒の方がいいかもしれませんね。

 

  • ひなあられ

桃、緑、黄色、白の四色のあられで、四季を表しています。
「一年間、女の子が幸せに過ごせるように」という願いが込められています。
節分を過ぎたくらいからお店に並びますね。最近はキャラクターのものやチョコのあられなどもありますね。

  • 菱餅(ひしもち)
    上から桃、白、緑の三食でそれぞれに意味があります。
    桃は、魔よけ、白は清浄・純潔、緑は健康です。
    残念ながら、ただの色のついたおもちなのであまりおいしくありません。

 

  • ちらし寿司
    ちらし寿司の具には意味があります。
    えびは長生き(腰が曲がるまで)、豆はマメに働く、レンコンは見通しがきくなど縁起の良い具が使われます。

まとめ

桃の節句の由来をご紹介しました。

お雛様を飾って、縁起のよい食べ物を味わって春の訪れを待つなんて日本独自のものですよね。

娘さんがおられる方はぜひ、またご実家へ帰って親子三代でお祝いも素敵ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください