妊娠初期中、電車に乗る時の注意点!

 

お腹に赤ちゃんがいると思うと、幸せな気持ちでいっぱいですよね!

しかし、だんだんと日々の生活で不安に思うことが増えてきているのではないでしょうか?

その中でも、不安が多いのは電車に乗る時だと思います。
不安な時は乗らないのが1番ですが、通勤や検診で乗らざるおえない場合もあると思います。

私も産休に入るまでは、日本で1番混雑すると言われる線の電車に乗って毎日通勤をしていた1人です。
今回は、電車に乗ることに不安を抱えている妊娠さん達にぜひ参考にしていただきたい、注意点などを筆者の体験談も交えてご紹介します。

Sponsored Link

妊婦さんが安心して電車に乗れる時間帯

妊娠さんが電車に乗るときに1番避けたいのが、混雑した電車に乗ることですよね。

混雑した電車に乗るとなると、押されたりぶつかってしまったり、妊婦さんにとっては危険が伴います。
さらに、妊娠初期の場合は妊婦さんとは気付かれにくいため、より一層の注意が必要です。

では、安心して乗れる時間帯はいつなのでしょうか?

使用する電車にもよりますが、一般的には10時頃~14時頃が比較的空いていて安心して乗れる時間帯です。
15時以降は学生の帰宅時間にあたるので、混み始めます。電車を使っての外出際は、10時~14時頃の間がおすすめです!

では、逆に避けた方が良い時間帯はいつ頃なのでしょうか。

・朝の通勤ラッシュの時間帯

一般的に、朝の7時頃~9時頃までは通勤ラッシュにあたります。
検診などで電車に乗る場合は、この時間を避けた時間に乗れる様、検診の予約も気をつけたいですね。

通勤などでどうしても、通勤ラッシュに当たってしまう方は、思い切って家を早く出る方法もあります。
私は、妊娠初期は朝6時代に家を出て比較的空いた電車に乗り会社に通っていました。

朝起きるのは少し辛いですが、早く着くことで、会社の近くで優雅に朝カフェなんてことも出来るのでおすすめです!

・帰宅ラッシュの時間帯

朝の通勤ラッシュの次に混雑するのが、帰宅ラッシュです。
帰宅ラッシュのピークは一般的に18時頃から始まります。

そしてなんだかんだと20時過ぎまで混雑が続き、それ以降は今度は飲み会帰りの人たちで混雑します。
しかし、タイミングによって空いた電車もあります。

急行電車と待ち合わせをする各駅の電車や、〇〇止まりといった途中で止まる電車など、通常の電車よりも空いていることが多いですよ。

妊娠中はママにとっても赤ちゃんにとっても大事な時期です。

くれぐれも無理のない様に上手に電車を使用しましょう!

Sponsored Link

妊婦さんが電車内で困ってしまうことベスト3

他にも気をつけたいことはどんなことがあるのでしょうか?

妊婦さんが電車内で困ってしまうことベスト3をご紹介します!是非参考にしてみてください。

3位 車内の匂い

意外と困るのが、電車内の匂いです。特につわりの最中は匂いに敏感になりますよね。
辛い場合は無理せずに途中下車して、外の空気を吸いましょう!他にも、マスクをする事で多少匂いは軽減されます。
私はつわりの最中は、マスクをして尚且つ口呼吸で電車を乗り切りました!

2位 満員電車でつぶされそう

前項でも書きましたが、やはり満員電車は妊婦さんにとってはとても困りますよね。

どんどんと人が入ってくると腹部も圧迫されて気が気ではありません。

混む時間帯を避けるのがいちばんの対策ですが、他にも、一旦始発の駅まで行き座っていくことや、

各駅停車を選ぶこと、比較的空いている先頭車両や女性専用車両に乗るなど工夫次第で満員電車を回避することができます。
私は、妊娠初期は早朝の電車に乗り、安定期以降は各駅停車の先頭車両に乗るという作戦で満員電車を攻略しました!

1位 車内で立ちっぱなし

やはり妊婦さんが1番困るのは、揺れる車内で立ちっぱなしでいることですよね。

つわりで体調が優れなかったり、お腹が大きくなるとバランスも崩しやすくなるので、揺れる車内で立っている事は思ったよりも大変です。

色々な意見がありますが、私は妊娠初期の頃はマタニティマークにとても助けられました。

席を譲って下さる方も沢山いましたし、潰されないように壁になってくれる人もいました!

優先席を使う際にも、妊婦であることが他の人から見て分かりやすいので、優先席で肩身が狭いなどのストレスが軽減されます。

特別な事情がなければ、私はマタニティマークをつけることをおすすめします!

番外編 トイレにいきたい!

最後に番外編ですが、私は通勤時間が長かったので、途中でトイレに行きたくなることがとても困りました。
妊娠中、特に後期になると、トイレに行く回数が増えるので、家を出る直前にトイレに行き、会社の最寄駅に着い

たらすぐトイレに行くというスタイルで通勤していました。

途中で会社の人にばったり会おうものなら、トイレに行きたい!という事で頭がいっぱいで、会話もうわの空なんてことも…。

妊娠初期のうちに、駅のトイレの場所を把握しておくことも後々役に立ちますよ!

まとめ

妊娠中、通勤などで電車に乗ることは本当に大変なことですよね。色々工夫をしながら、無理のない範囲で乗り切りましょう!

そして、忘れはいけないことは、優しい人は意外と沢山いるということです。

妊娠中に混雑する電車に乗ると、周り中みんな敵という感覚に陥りがちですが、そんなことは決してありません!

あまり神経質にならずに過ごすことが大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください