ノロウイルスの予防対策や正しい消毒方法

ノロウイルスを予防にはどうすればよいのでしょうか?

ただ拭いて掃除をすればいいと思っていたら間違いです。

ここではノロウイルスの予防方法や正しい消毒方法についてお知らせしていきます!

ノロウイルスの予防方法、手洗いの仕方

ノロウイルスに感染しないためにはどうしたらいでしょうか?

まずノロウイルスの食中毒を防ぐために加熱が必要な食品はしっかりと火をとおしましょう。

85℃以上で1分以上加熱すれば感染の可能性は低くなります。

予防方法で大事な事は、手洗いもしっかり効果的に行う事です。

正しい手洗いの仕方

・時計、指輪を外しておく。

・石鹸でよく泡立てる。こどもは泡の出るタイプの石鹸が楽です。

・1分くらい時間をかけて洗います。

・手首から肘にかけても洗います。

・一番洗い残しがあるのが親指です!親指と指の付け根、爪の間を念入りに洗いましょう。

・手を拭くタオルは使い捨てのペーパータオルにしましょう。

・水道の蛇口からの接触感染も避けるために手を洗い終わって蛇口を閉めるときは、ペーパータオルで直接触らないようにして栓をしめましょう。

ノロウイルスの正しい消毒方法

ノロウイルスを消毒するには、ただ拭けばいいというものではありません。

完全にウイルスの活動をおさえるには次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)や加熱しかありません。

調理器具を消毒するには洗剤で洗った後、次亜塩素酸ナトリウムをかけておけば消毒されます。

次亜塩素酸ナトリウムを使いたくない場合や熱湯で消毒できるもの(まな板、包丁、食器、台ふき、タオル)は煮沸消毒でも消毒できます。

衣類も他の人とは別にして熱湯消毒してから洗濯しましょう。

次亜塩素酸ナトリウムの希釈方法

次亜塩素酸ナトリウム濃度1%の場合

10倍希釈1000ppm(嘔吐物処理時)

次亜塩素酸ナトリウム100ml水900ml計1L

50倍希釈200ppm(調理器具、家具、ドアノブ、手すりなど)

次亜塩素酸ナトリウム20ml水980ml計1L

嘔吐物の処理方法は?

嘔吐物や下痢などが乾燥すると空気中を浮遊して、それを吸いこみ片付けをした人や他の人にも感染します。嘔吐したらすぐに片付けて感染を予防しましょう。

正しい片付け方法をご紹介しますのでご家庭での参考になればと思います。

使い捨て手袋マスク、あれば使い捨てエプロンを着用します。ビニール袋やキッチンペーパーもすぐに使えるように準備します。

②ウイルスが飛ばないようにキッチンペーパーなどでおおい、次亜塩素酸ナトリウム1000ppmをペーパータオルにかけて10分放置します。その後ウイルスの範囲を広げないように外側から内側へむけてふきとります。

③拭きとった後は次亜塩素酸ナトリウム200ppmでもう1度外側から内側へむけて拭き取ります。そのあとは水拭きで仕上げ拭きをします。

④使ったキッチンペーパー、マスク、エプロンなどはすべてビニール袋に入れ密封します。

環境汚染の予防のためにビニール袋にも次亜塩素酸ナトリウム(1000ppm)をいれて密封して捨てます。

⑤処理したら石鹸で十分に手を洗い、ウイルスが浮遊しているかもしれないので部屋の換気をします。

トイレや便座、手すり、ドアノブなどよく触る場所は次亜塩素酸ナトリウム200ppmで拭き、10分放置。その後、金属の場所は水拭きしましょう。

排便の便にも次亜塩素酸ナトリウム200ppmをかけて10分放置したあとに流せば環境汚染対策になります。トイレは2回流します。

どれくらいでウイルスは死滅するのか?

次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)は濃度200ppm50倍希釈で5分、1000ppm10倍希釈で1分浸すとほぼ死滅させると言われています。1分から5分で死滅するので以外と時間もかからずに消毒ができますね!

うちでは誰かがノロウイルスにかかるとこまめに手すりやドアのとってなどを消毒して廻ります。

洗えないカーペットはどうやって消毒する?

色落ちが心配なカーペットやじゅうたんなどは次亜塩素酸ナトリウムが使えません。そんな時は、スチームアイロンが役にたちます。汚物をとって部分洗いをしたらスチームアイロン95℃で1分加熱消毒しましょう。

消毒するときは部屋の換気を十分にしましょう。

まとめ

ノロウイルスに感染しないようにするにはまず、手洗いうがいをする事が大事です。

でもどんなに気をつけていても感染するときもあるので、感染してしまったら正しい消毒方法でこまめに消毒をして感染を最小限におさえたいものですね。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください