入学祝いのお返しどうする?商品券はあり?

センター試験も終わり、早い方なら合格通知を受けとっておられる方もいるかもしれませんね。

おめでとうございます。

幼稚園、小学校なども入園・入学説明会が行われる時期ですね。

入学には、出費がつきもの。ランドセル、カバン、靴、制服が必要な学校もありますよね。

そんな時いただける入学祝いありがたいですよね。

でも、いただくだけでいいの?お返しは?その疑問に私の経験をもとにお話しさせていただきます。

入学祝いのお返しは何を返せばいいの?

 

入学祝いのお返しは、いただいたのが子どもなので、基本的には親からお返しをする必要はないようです。

子どもから直接、電話やお手紙でお礼を伝える方が喜ばれることも。

特におじいちゃん、おばあちゃんは孫に喜んでもらいたくて贈ってくれているでしょうから。

思春期になると電話も難しいかもしれませんが、ありがとうの気持ちを伝えるのは大事です。
おじいちゃん、おばあちゃんなら気兼ねなくもらえる入学祝いも、

ご近所さんであったり、遠い親戚だったりするともらいっぱなしというわけにもいきませんよね。

では、入学祝いのお返しにはどんなものが選ばれているのでしょうか?
大手デパートのオンラインショップを見てみると、入学内祝いとしてタオル、食品、カタログギフトなんかが載っています。

もらっても負担にならないものが多いようです。

いただいた相手の好みがわかるなら、好みのものを贈るといのがいいですよね。

でも、遠い親戚だと好みがわからないこともそういう場合カタログギフトは便利ですね。

でも、お返しするときに気をつけないといけないことがあります。

入学祝いのお返しに商品券って失礼なの?

お返し、内祝いの相場はいただいた金額の半分から三分の一とされています。
同額のものをお返しするのは、失礼になります。

なので、カタログギフトや商品券の場合、金額が分かりにくいものを贈るほうがいいですね。

入学祝いはお返しを期待されている方は少ないですから、返しすぎると気まずい感じに。
商品券の端数はないですから、きっちり半分に分けた金額をお返しするよりは
感謝の気持ちを込めたちょっとしたお返しの方が喜ばれることも。

まとめ

お祝い事を祝っていただけるのは、うれしいもの。

マナーや常識も気になりますが、感謝の気持ちを伝えることが大事です。

普段のお付き合いからどんなものが好みか調べておくのもいいですね。

便利な商品券ですが、お返しで返す時には金額に気をつけて「お好みのものがわからなかったので」などメッセージも一緒につけてお返ししましょう。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください