お風呂の排水口のつまりを解消するお掃除方法は?綺麗に保つポイントまで紹介!

お風呂の排水溝のお掃除って大変ですよね!

髪の毛がすぐに詰まったりカビがはえたりぬるぬるしたり一番掃除をしたくない場所です(-.-)

ここでは排水溝のつまりを解消する方法や掃除のあとのポイントまでを書いてありますので詰まった時の参考にどうぞ!

Sponsored Link

排水溝が詰まる原因は?

お風呂の排水溝が詰まるのは、シャンプーや石鹸などのカスが汚れとして溜まるためです。

蓄積されたこれらの汚れは放置した時間が長いほど、掃除をしても落ちにくくなります。

よって定期的に排水溝の汚れを落とすことが大切です。

排水溝のつまりを解消するには?

つまりが起こってしまった時は『重曹』『クエン酸』『水酸化ナトリウム洗剤』で対応します。

アルカリ性の汚れを落としたい時

アルカリ性の汚れは重曹とクエン酸で落とすことができます。

それぞれ別に使っても良いですが、効率良く掃除をする時は重曹とクエン酸を混ぜます。

混ぜたものを排水溝に流し数分間放置すると汚れが浮かんで水の流れがスムーズになります。

汚れやぬめりを落としたい時

水酸化ナトリウム洗剤とはトイレ用洗剤 のことです。

たいていの家庭に用意されているものですが、汚れの他にもぬめりを落とす力を持っています。

トイレ用洗剤のパッケージを見れば目立つように記載されていますが、他の洗剤と混ぜることは禁止されています。

掃除の定番である重曹やクエン酸と混ぜると塩素を発生させて非常に危険なので、水酸化ナトリウムを配合した洗剤は個別で使わなければなりません

使用時は換気も忘れないようにします。また重曹や水酸化ナトリウム洗剤などで汚れが落ちやすくなったら、冷水よりお湯を流すのがおすすめです。

お湯が熱すぎると床や排水溝の耐熱温度を超える恐れがあり掃除どころではなくなるので、ぬるま湯くらいが最適です。

湯船に貯めたお湯は適温ですが、入った後のお湯には皮脂などの汚れが既に入っているので残り湯を使うのは効果的ではありません。

Sponsored Link

掃除の後に綺麗に保つポイント!

掃除が終わったら清潔な状態を保てるようにアルミホイルを使います。

金属には抗菌効果があり、アルミホイルで大きめの玉を作り排水溝のところに置いておくだけでカビなどの繁殖を防げます。

水に触れて発生する金属イオンが抗菌効果を発揮しているので、お風呂に入ってシャワーを使うたびに掃除することができます。

アルミの玉が小さいと流れてしまうので大きめに作るのがポイントですよ!

まとめ

排水溝のつまりを起こさないために、日ごろからこまめに髪の毛を取ったり掃除をしておくことが大切ですね!

もし詰まってしまったら重曹やクエン酸でお掃除してみましょう。重曹やクエン酸がない場合は水酸化ナトリウム洗剤でもつまりを解消できたりぬめりが落ちるのでチャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください