お風呂の黒カビ掃除にラップが必須?知っておきたい便利グッズ

お風呂の黒カビに悩んでいる人は少なくありません。

黒カビは、アレルギーや喘息の原因にもなるので、早めに除去する必要がありますね。

ここでは、お風呂の黒カビの掃除で使う便利グッズをご紹介します。

Sponsored Link

お風呂の黒カビを退治する便利グッズ

お風呂は、温度が高く湿度もあり、黒カビが繁殖する栄養がそろっているので、掃除してもすぐに黒カビが生じます。

しかも、お風呂に発生た黒カビは、パッキンの中まで入ってしまうとなかなか取れません。

しかし、黒カビを退治するのに便利なグッズを使えば、効率良く汚れを落とすことができます。
用意するのは、『塩素系漂白剤』と、『ラップ』です。
塩素系漂白剤を使う場合は、必ず換気します。

①まず、塩素系洗剤を黒カビにかけますが、目に入らないように注意してかけます。

②その後、黒カビが生えている部分をラップで密閉します。

カビは、空気に触れていると死滅しないので、しっかりと密閉します。
塩素系の洗剤は、非常に乾きやすいため、乾くのを防ぐためにもラップは必要です。

ラップして漂白する場合、頑固な黒カビの根を完全に死滅させるには、半日ほどかかります。
③時間がきたら、ラップを取ってシャワーで洗い流します。塩素系漂白剤は、刺激が強いので、丁寧に洗い流していきます。
ラップでパックした部分は、きれいに黒カビが落ちています。

ラップ以外では何か方法はある?

漂白剤を流れにくくするために、『片栗粉』を入れる人もいます。片栗粉を入れると、液にとろみが出るため漂白剤が流れにくくなりますよ。

Sponsored Link

意外と知らない!お風呂掃除で忘れたらいけない場所!

お風呂は、すぐにカビが発生しますが、カビの発生を防ぐには、天井の掃除が大事です。

湯気があたって常に湿気の影響を受ける天井は、黒カビが発生するとカビの胞子が拡散してしまいます。

以前テレビで見たのですが、天井には見えないカビがはえていていて上から胞子が落ちて床に黒カビがはえる原因にもなるのです。
そのため、お風呂の黒カビを防止するには、天井の掃除も忘れないようにします。

お風呂の天井の掃除方法は?

柄の長い掃除用のグッズにシートを取り付けて、アルコールをスプレーして拭き掃除をすると、菌が死滅します。

カビ取りの最初に天井の掃除をすれば、上からカビが落ちても後の掃除できれいにすることができます。
細かい部分のカビは、古くなった歯ブラシを使って落とすと、きれいに落ちますよ。

まとめ

お風呂の黒カビを掃除する時は、まず天井から掃除をします。次に床や壁の黒カビの所に塩素系洗剤をふり、ラップでおさえておけば蒸発せずに、塩素系洗剤の効果を長持ちさせる事ができます。

ラップはお風呂だけじゃなく、キッチンのカビとりの時にも使えるのでお試しくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください