お歳暮とお年賀は違う?両親には両方贈るべき?基本を教えて!

日頃の感謝の気持ちを込め、挨拶することを目的に贈りものをする習慣が「お年賀」と「お歳暮」です。
しかし、言葉は聞いたことがあってもその詳しい意味や贈り方などまではわからない、という方も多のではないでしょうか?
「お年賀」という言葉を初めて聞いた時私はてっきり「年賀状」の事だと思っていました(笑)
ここでは、案外知らない「お年賀」と「お歳暮」に違いや両方贈るのかについて、ご紹介します。

御歳暮とお年賀の違いって何?

お歳暮
渡す時期:12月20日頃までに送るもの
渡す人:両親、職場の上司、仲人、今年お世話になった人、習い事の先生

お年賀
渡す時期:お正月の三が日(元旦~1月3日)から松の内までの間
渡す人:両親、親戚、祖父、祖母、仲人、今年お世話になった人、習い事の先生
「今年もどうぞよろしくお願い致します」という、「これからに対する挨拶」の気持ちを込めて年始回りの際に挨拶の品物として持参するものを指します。
お年賀は持参することが当たり前ですので、訪問しない場合は贈る必要はありません。

お歳暮はいつ贈る?

お歳暮は正式には正月祝いの準備を始める12月13日から20日までに贈るものとされていましたが、最近ではその期間が少し前倒しになっていて、現在では11月末ごろから贈る人も多いようです。

地域にもよりますが、もし、お歳暮が年内に間に合わなかったら、

関東地方⇒1月7日の松の内までに、
関西地方⇒15日までにお年賀として届くように贈りましょう。

さらに遅れた場合は、松の内がすぎてから、2月4日の立春までに寒中お見舞いとして贈ります。
お年賀はお正月の三が日(元旦~1月3日)から松の内までの間に贈るのが基本ですが、
お正月・松の内に訪問する相手でなければ、「お年賀」ではなく「寒中見舞い」として、立春までに訪問して贈りましょう。

お歳暮・お年賀は両方を贈る方が礼儀正しい?

年末年始はひと月も経たずにやってくるので、短い間にそんなに何度も贈らなくても、と思ってしまいますよね!

だけど、1年ということで考えてみると、お年賀は年の初めにその1年のお世話になる方への挨拶として贈り、お歳暮は年の終りにお世話になった方への感謝として贈るものですから、大きな違いはあります。
なので基本的にはお歳暮・お年賀の両方贈る方ががいいですね!

基本は両方贈るのがいいのですが、私の場合、主人の実家にはお歳暮は贈っていません。

お年賀は挨拶として直接実家まで行って手渡ししています。
ちなみに、自分の実家はお歳暮も贈らず、お年賀も持っていきません(‘◇’)ゞ
遠方なのでたまに帰るときに手土産を持っていく程度です。
子供が3人いるので「親にはお歳暮とか何にもしなくていいから、その分子供たちにお金を貯めておきなさい」と両家から言われたのでお言葉に甘えてます。

ただ、たまにお正月に主人のいとこや親戚と集まることがあるので、その時は礼儀としてお年賀を持っていくようにしていますよ。
私の場合は、主人の実家にお年賀だけ持っていきますが、親しき人、本当にお世話になっている方には両方を行っている、という方も少なくありません。

他のママ友はどうしてるか聞いたところ、

『お歳暮は両家に毎年送ってるよー。

お年賀は年始に両家に挨拶に行くので持参という形で持っていく。』

『顔を見せて手渡しされるお年賀の方が、親も喜ぶだろうし、お年賀を持っていくようにした。』
『両方とも遠方だからお歳暮を贈って、年末年始に帰省した時に手土産を持っていく』

などで意外と両方贈っている家庭も多くてびっくりでした!

うちの場合は結婚して10年なので、義理の実家や親戚にも気を使わない関係ですが、

結婚して初めての年末年始を迎える方!

最初が肝心なのでこわーいお姑さんや小姑さんがいる場合は特に、両方きっちりとしていた方が嫁としての株も上がり、後々の関係も良好になるのではないでしょうか?(笑)
住んでいる地域や家族との関係性次第ですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
いつもお世話になっている人、親しい人、あなたの挨拶を贈る「お年賀」と1年の感謝を贈る「お歳暮」があります。
どちらもその思いを形にして、相手に喜ばれるものを贈りたいものですね。
お年賀・お歳暮の意味を知って、今年はさらに素敵なものを贈りましょう。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください