失敗しない七五三の内祝いを選ぶ、3つのポイントは?

みなさんは七五三のお返しはどうされてますか?

七五三の内祝いの場合、出産や結婚のお祝いと違い、ご親戚からいただくことが多くなってきます。

特に祖父母からいただくことが多くなると思いますので、今後の親戚づきあいを考えた上でも、失礼がないようにしたいものです。

ここでは、七五三のお返しで失敗しないポイントをまとめてみました。

七五三のお祝いに現金をもらったら?

親戚同士でのお祝いごとの場合、お返しは結構ですのでと遠慮される方もいらっしゃいますが、やはり何かお返しをした方が今後のお付き合いも円滑に進むというものです。

特に物ではなくお金を送られる方も最近では多いので、お金をいただいた場合は特に何かしらの内祝いのお返しをするのがマナーでしょう。

七五三のお返しはいつ渡すべき?

まず、お祝いをいただいた場合、物であれ、お金であれいただいてから2週間以内になんらかのお返しを差し上げることが一般的です。

出産祝いの内祝いなどは赤ちゃんが生まれてすぐの場合何かと大変なので、少し余裕を持ってお返しを差し上げても問題はないのですが、七五三になると1ヶ月2ヶ月と先延ばしにしてしまわないようにまず気をつけるようにしましょう。

失敗しない七五三のお返し3つのポイント

まず、一つ目の選び方の大前提として、結婚式や出産のお祝いでの内祝いでも共通していますが、刃物やハサミなど縁が切れることを連想させるようなものを送ることは絶対に避けましょう。

また、お祝いごとのお返しに共通しているマナーとして割れ物は厳禁とされています。

祖父母にペアの湯呑みや、家族で撮った写真を入れることが出来る写真立てなどをお返しとして選んでしまいがちですが、厳密にはあまりよくないということを知っておくようにしましょう。

二つ目はあくまでもお祝いをいただいたお返しになりますので、金額的にいただいた額を超えてはいけません。半分か三分の一ぐらいの金額の物をお返しするようにしましょう。

三つ目は意外に忘れがちですが、お返しののしは子供の名前だけで通常問題ありません。のしの名前をどうするか悩むところではありますが、あくまでも子供の七五三のお祝いにいただいたお返しになりますので、子供の名前を記入するようにしましょう。

まとめ

失敗しない七五三のお返しのポイントをまとめてみました。

・お祝いをもらったらなるべく2週間以内にお返しをする

・刃物やハサミなど縁を切るイメージのあるものを選ばない

・お返しの額はいただいた物の半分か、3分の1の価格のものを選ぶ

・のしは子供の名前を入れる

などのポイントをおさえれば大丈夫ですよ(*゜▽゜)ノ

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください