生まれた子供が心室中隔欠損症だった!心室中隔欠損症の症状や検査は?その後の経過は?

1番下の子が生後2日で心室中隔欠損症と判明

1番下の子が無事に生まれた生後2日目の事。産婦人科の先生が部屋を訪れ「赤ちゃんなんだけど、心臓に雑音が聞こえるんだよね…とりあえずミルクを飲んでもチアノーゼが出ないから急ぐ必要はないけど退院したら病院を受診してみてね」と言われてショックを受けました。

看護師さんが心雑音に気づいたらしく早く発見出来たのは良かったのですが2300グラムで小さく生まれたのと心臓に雑音があると言われ入院中もずっと不安な日々を送りました。

症状は特にありませんでしたが病院に行った時の事や経過などを書きます。

心室中隔欠損症の症状

心室中隔欠損症の症状

心室中隔欠損症は先天性疾患でよくある病気で乳幼児の心疾患では6割が心室中隔欠損症の患者さんだそうです。

心臓は左右、上下4つの部屋に分かれており心室中隔欠損症は左右をしきっている真ん中の壁の部分(中隔)に穴が空いて血液が逆流してしまいます。

穴が小さければ無症状ですが、穴が大きい場合は流れていく血液の量も増え量によっては肺の動脈への圧も上がり肺高血圧症になったりします。

 

症状が重く、呼吸に障害がでたり、なかなか体重が増えず成長に影響を及ぼすようであれば手術での治療が必要になります。

心室中隔欠損症の検査は?

心室中隔欠損症の検査は心電図、採血、心エコー、レントゲン、心蔵カテーテルなどありますが、うちの子の場合は採血、レントゲン、心エコー、心電図、聴診、身長、体重計測をしました。

痛い検査は採血くらいですが、心電図、心エコーなどは眠っている間にするので赤ちゃんのうちは授乳などして眠るタイミングを待ちます。

幼児になると飲み薬で眠ってから検査しますがこの薬も効くまでに時間が45分から1時間くらいかかるので受診には時間がかかると思っていた方がいいです。

心室中隔欠損症の経過

心室中隔欠損症の経過ですが、穴が大きい場合は手術をすることも。

穴が小さい場合は1歳~2歳頃までに自然に塞がる事が多いので何もせず経過を見る事が多いそうです。

産婦人科入院中の経過

入院中は低出生体重児だったのと心雑音のため体の負担を軽くするためにミルクの量は正常な赤ちゃんの量より一日前の量で10分くらいかけて休み休み飲ませるようにしました。

若干陥没呼吸ぎみでしたがチアノーゼも出ることもなく特に変わった様子はなかったです。

入院中体重が2400グラムを超えたので母子ともに同日退院することが出来ました。

うちの子の経過です↓

生後19日目に初めての受診

産婦人科で紹介状をもらい、自宅近くの心エコーをとってくれる小児科の個人病院へ。

そこでのエコーでは心臓の右心室と左心室の間が3ミリほど空いていると言われました。次回から眠る薬を使うのと精密検査をするので大きな病院をまた紹介される事に。

生後26日目自宅から1時間かかる大きな病院へ

個人病院でもらった紹介状を持って大きな病院へ。まず、採血、レントゲンをとり、心電図、心エコーをしました。採血ではBNPと言う検査項目があり心臓にどれ位負担がかかっているかの検査ですが48だったのでそこまで負担はないだろうと。心エコーですが穴の大きさは5ミリ程と判明。この程度なら日常生活も普段通りで気を付ける事もないですよ~!と言われ安心しました。先生によると穴は自然に閉じていく人もいれば、大人になるまで開いたままで生活する人もいるし、個人差があるため経過を見ていくしかないそうです。次回1か月後の受診に。

生後61日目3回目の病院へ

レントゲン、心電図、心エコーの検査前回から1ヶ月のため穴の大きさは変わらず。

生後4か月4回目の受診

心電図、心エコー穴の大きさは変化なし。

生後6か月5回目の受診

心電図、心エコーの検査。

穴の大きさは2ミリから3ミリ。体重増加も順調。

生後8か月6回目の受診

穴の大きさは1ミリから2ミリ程度でほとんど心雑音も聞こえないのでほぼ治っているでしょうと。1年後にまた受診になる。

生後1年8か月7回目の受診

穴は完全に塞がっているので今後の受診は必要なし。穴がまた開いてくることもないですと言われ受診終了。

まとめ

生まれた時は心雑音があると聞いてショックでしたが、早く病院を受診し先生にお話を聞いて自然にふさがる子が多いと聞き安心できました。

受診のたびに今度はどのくらい治っているか、穴は小さくなっているか気になりましたが不安な事があれば遠慮なく先生に聞いてモヤモヤをとってしまいましょう。

ちなみに主人も赤ちゃんの時に穴が開いていたそうですが自然に塞がったそうです。

もしお子さんに心雑音があると言われたら早めに受診して気長に穴が塞がるのを待ちましょう!

 

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください