初めての出産準備!出産や入院の時に必要な物は?赤ちゃんと生活するためのお部屋造りのポイント!

初めての出産は誰もが不安でドキドキするものですよね!

お腹も大きくなるにつれて準備も大変になってきます。

いつ何が起こるかわからないので出産準備は予定日の2カ月前には済ませておいた方がいいと言われます。

ここでは初めての出産や入院には何が必要か、自分が欲しかった物や赤ちゃんとの生活に向けてお部屋造りのポイントをご紹介します。

初めての出産!入院の準備は何がいる?

初めての出産は分からない事ばかり!出産では何が必要か、友人に聞いたりネットで調べたり赤ちゃん本舗で買い物をしたのが懐かしいです。

まずは入院に必要な物としてお母さんと赤ちゃんに分けてみましたので参考までに♪

【お母さんの物】

  • 授乳パジャマ2~3セット
  • 授乳ブラ3つ
  • 産褥ショーツ4~5枚
  • 肌着
  • 授乳クッション
  • 授乳パット
  • トコチャンベルト
  • バスタオル
  • タオル
  • 洗面道具
  • くすり
  • 夜用ナプキン2袋
  • 昼間ナプキン3袋
  • 小銭
  • 携帯電話
  • 充電器
  • ビデオカメラ
  • カメラ
  • コップ
  • ティッシュ
  • 化粧品
  • 筆記用具
  • 病院のパンフレット
  • 退院の洋服
  • スリッパ
  • 靴下(冬)
  • 母子手帳
  • 洗濯物入れ
  • 洗濯洗剤
  • ペットボトルの水数本(痛み止めを飲んだり、母乳を出すための水分補給用)
  • パン(夜中にお腹がすくので(^_^;)

【赤ちゃんの物】

  • 新生児用オムツ(予備)
  • おしりふき(予備)
  • 粉ミルク(予備)
  • 退院の洋服
  • 靴下(冬)
  • 肌着
  • ガーゼ数枚(よだれ、ミルク拭き)
  • おくるみ
  • チャイルドシート(車にセッティングしておく)
  • 【退院後に家で必要な赤ちゃんの物】
  • 肌着

3月~8月生まれ

短肌着(50~60cm) 5枚

コンビ肌着(50~60cm)3枚

長肌着(50~60cm)2枚

9月~2月生まれ

短肌着(50~60cm) 3枚

コンビ肌着(50~60cm)3枚

長肌着(50~60cm)3枚

  • 洋服 50~60cm4枚
  • コート(冬)1枚
  • 帽子
  • 靴下
  • 紙オムツもしくは布オムツ20枚~30枚
  • オムツカバー2~3枚
  • おしりふき
  • ミルク
  • 哺乳瓶
  • 哺乳瓶消毒容器
  • 哺乳瓶用ブラシ
  • 搾乳器
  • ベビーバス
  • ベビーせっけん
  • 沐浴布
  • 赤ちゃん用爪切り
  • 鼻水吸い取り器
  • 綿棒
  • 赤ちゃん用洗濯洗剤
  • ベビー布団
  • ベビーベッド
  • ベビーカー
  • 抱っこひも
  • ベビーラック
  • よだれかけ5~6枚
  • おもちゃ
  • ベビーラックorバウンサー
  • ベビージム
  • 授乳ケープ    などなど。

挙げていけばたくさんあります!

【その他あれば便利な物】

  • お宮参り用の着物やセレモニードレス
  • キューブタイプのミルク
  • ウォーターサーバー
  • おしゃぶり
  • オムツ代えマット
  • 手指消毒液
  • 温度計
  • ベビーモニター
  • おしりふきのふた(百均)

【冬に必要な物】

  • 加湿器
  • 空気清浄機
  • おしりふきウォーマー
  • 保湿剤
  • 湯温計
  • 赤ちゃんベスト

以上必要と思われるものを挙げてみましたが、これらの物を妊娠中に準備するのは大変なので旦那さんや家族の方にも協力してもらい、出産の2カ月前には準備しておけば安心ですね!

 

私もほとんどの物は購入しましたが、欲しかった物はウォーターサーバーとベビーモニターでした(^^)

ミルクのお湯を毎日2回沸かすのは本当に面倒でしたね^^;

ウォーターサーバーは毎月の使用料金がかかるのでわが家は諦めましたがあれば

とっても便利ですね!ベビーモニターも赤ちゃんと離れていても泣いたら声が聞こえるのでおすすめです。

さて、赤ちゃんの物も揃ったら次は赤ちゃんと快適に安全に過ごせるお部屋造りのポイントにいってみましょう。

赤ちゃんと生活するためのお部屋造りのポイント!

無事に出産も終わり、いよいよ赤ちゃんとの生活が始まります。赤ちゃんと快適に過ごせる環境は整っていますか?ここでは赤ちゃんと生活する上での注意点などポイントを抑えてみました。

1.フロアマットやカーペットなどを敷く。

おもちゃを落としたりすれば、床が傷ついたり転んだ時の衝撃を和らげます。また、マンションなどは騒音防止のマットもおすすめです。

2.触られると危ないものは片づける。

コンセントやスタンドライト、観葉植物などは倒れたりしたら汚れたり割れたりが危険なので片づけるか別の部屋に置きましょう。

3.ゴミ箱は高いところへ置く。

子供の捨てたティッシュや床には落ちているものがないか常にチェックする

4.コンセントはカバーをつけて感電予防をする。

コンセントにも興味を持ちますのでカバーをしてコード類もまとめましょう。

5.家具やドアの取っ手はクッション材を使用する。

6.百均グッズの引き出しロックなどを活用する。

まとめ

妊娠が解ってから出産まではあっという間です。

赤ちゃんが生まれるまでに準備するものも多く大変ですが、色々な物を見て買い物するのも楽しいですよね!

親戚から借りれるものがあれば節約にもなるのでご兄弟やいとこなどに聞いてみるのもいいですね!体調を見ながら無理しないように少しずつ準備に取り組みましょう。

 

 

 

 

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください