【画像あり】帝王切開の傷あとのテープの張り方は?テープのベタベタが取れる方法や2年半後の傷を公開!

1人目の出産が自然分娩だったのですが、まさか自分が帝王切開になるなんて思いもしませんでした。

でも、帝王切開は今は5人に1人の割合で行われていて珍しくなくなってきましたね!

私の周りでも帝王切開をしたママが多いです。

でも、帝王切開の傷って後が残るのか、どのくらいお腹を切るのか気になりますよね(>_<)

1度切ってしまうと必ず残ってしまう傷跡。なるべく傷はきれいにしたいです!

ここでは私が病院で教わった傷のテープの貼り方やおすすめのテープなどをご紹介します(^-^)

Sponsored Link

帝王切開の傷ってどんなの?

手術の後は痛みや赤ちゃんのお世話で傷の事を考える余裕はないですが、手術から5~6日たったら痛みも軽くなり『傷ってどうなってるんだろー?』って気になって見てみました。

見た時はショックで『おなかにフランケンシュタインの傷があるー!』って感じですね!

ホッチキスで止めた後があるし、赤く腫れてるし、お腹の皮は伸びてだらーっとして傷あと&自分の体型の変化にショックを受けました(T_T)

触ってみると、傷の周りでは硬いところとかあり(硬いけど大丈夫か?)と心配しましたが2年半たった今ではやわらかくなってます。

長さは15センチ程度で2年半たったらこんな感じですね(^-^)

 

だんだん色もうすくなってきました。2回とも同じところを切開してあるのですが1本線です。

ちなみにとめてあるホッチキスのしんのようなものを取るときは一つ一つひっぱってとるのですが、先生が、『ここはちょっと痛いかも…』と言いながら丁寧にとってくれました。

深くとめられている所はとる時に痛いですが、一瞬だけです。

ホッチキスの芯をとると、つっぱる感じはなくてだいぶ楽になりますよ!

おすすめのテープは?

傷跡をきれいにするのに、私が産婦人科でもらったテープはコレです。

『3Mテープ』

 

薬局にも売ってあるしネットでも買えますね!

この茶色いテープですが、肌と同じ色なので傷が目立たないのがいいです(^-^)

目立たないので子供たちとお風呂に入っても傷が見えないから大丈夫。

そして、結構粘着が強いので頑丈に貼れます。はがれにくいのでそのままシャワーにも入れます。粘着がつよいので傷が固定されている感じはありますね!

Sponsored Link

帝王切開術後の傷のテープの貼り方

傷のテープを貼るときはシャワー後に清潔にしたあと水分をよく拭き取ってからがおすすめです。

①指で傷の上下をつまんで傷を寄せます

 

②医療テープで傷に対して直角に貼ります

③テープを少し重ねてすき間を作らないように貼っていきます

画像ではテープを二枚しか貼っていませんが、傷の端から端まではっていきましょう。

もし、テープがはがれたら新しいテープをはりましょう。

かぶれやかゆみがでてきたら貼るのをやめて皮膚科を受診することをおすすめします。

テープのベタベタをはがすワンポイント!

傷のところにテープを貼るとベタベタしてくるんですよね!洗ってもとれにくいしせっけんの泡じゃ落ちない(>_<)

そんな時になんとか落ちる方法はないかやってみた方法がメイク落としのクレンジングです。

除光液だと落ちそうですが、さすがに傷あとに除光液を使うわけにはいかないのでクレンジングをつけて拭いたらベタベタが落ちました。

クレンジングはチューブタイプの水で溶かすタイプよりもオイルクレンジングの方が落ちやすかったです。

ベタベタが落ちたら、蒸しタオルで拭いて渇かせばOKです!

ちなみにテープの貼り替えは家族の人にしてもらうと楽ですよ(^-^)

自分ではお腹の肉もまだへっこんでないし、やりにくいので横になって他の人にやってもらう方がきれいにテープが貼れます。旦那さんが出来れば協力してもらいましょう!

まとめ

帝王切開術後の傷は術後のケアで傷跡が違ってきます。出産後は痛みや赤ちゃんのお世話で大変ですが、傷が動かないようにテープで固定し続ければかなり目立たなくなります。最初の2~3ヶ月はケアをして頑張りましょう!

帝王切開手術後の痛みはいつから?手術後の痛みを楽にする方法は?

2017.08.02

【帝王切開体験談】手術前日~硬膜外麻酔までのポイントを紹介!

2017.06.26

【帝王切開体験談】手術開始~手術中の様子や麻酔はどんな感じ?手術後の痛みは?

2017.06.27

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください