職場で義理チョコは迷惑?男女別の意見まとめ

バレンタインの時期が近づいてきましたね!

日本では毎年欠かせないイベントですが、職場から義理チョコを貰う方はバレンタインについてどう思っているのか、バレンタインの義理チョコは迷惑なのか、もらう男性やあげる側の女性の声をまとめてみました。

男性・女性陣のバレンタインについての意見

まずは職場から義理チョコを貰う男性側の意見から見てみましょう。

男性側の意見

  • 義理チョコは迷惑です。お返しがショボい、あんな雑貨貰っても全然嬉しくないと陰で言われるため毎年倍返しにしているが、既婚者では毎年お返し代も大変。
  • 贈る側も負担になるし、誰に贈るかなど毎年悩んでいる女性も多いと思います。男性側も「ありがとう」といいながら、ホワイトデーのことを考えると気が重くなります。
  • 甘いもの嫌いだし、家に持って帰っても、妻もあまり食べないし。お返し額は毎年、ウン万円。ホワイトデーは妻だけで、十分。
  • 家族がいるので誤解されそうで困ります。

ご主人がチョコをもらってくる妻の意見

  • 主人は毎年くれる女性陣に「いらないよ」と言いました。
  • 数年前に上司の奥様より「お返しめんどうだからチョコ要らない」と言われました。夫が貰っても お返しは妻が買いに行くので。既婚者の方は奥さんが大変です。
  • 半分以上は親だったり兄弟にお裾分けして残りは私や子供たち、子供のお友達が遊びに来たら食べてます。ホントお返しをする身にもなって欲しい!

男性側では迷惑という方やホワイトデーのお返しを考えると気が重い、

甘いものが嫌いでホワイトデーは妻だけで十分という方も!

結婚されている方はご主人がチョコを貰ってきたとき食べきれなかったり、

お返しが面倒だったり、出費が毎年痛いという意見が多数です!

職場での義理チョコは迷惑と思われている方が多いんですね!

一方、あげる側の女性の意見はどうでしょう?

女性の意見

  • そういう【慣習】が一般的になってしまったんだから仕方ない。嫌なら「来年から僕はいらない」と言ってくれたら助かります。
  • お返しが面倒ならホワイトデーのお返しを他の同僚と合同でされても良いのではないかと思います。
  • チョコをあげるのをやめました。お返しが気になるのとおばさんにもらっても嬉しくないだろ~と思ったのと職場に大嫌いな人がいたので、一人だけあげないのも失礼なので。
  • 気を遣わせない程度の“おやつチョコ”を配っています。少人数の会社で女性が私だけなので、とりあえず、季節行事として楽しんでいます。
  • 普段お世話になっている方に感謝の気持ちをこめてあげています。こちらからあげているのでお返しは期待していないです。
  • 他の人があげているので自分だけあげないわけにはいかない

など、女性の場合は、習慣なのであげている、あげるのをやめた方、気をつかわせない程度のチョコあげるなど様々な意見がありました。

バレンタインは毎年恒例の行事として習慣化されていて、やめたくてもやめられないという状況が多いようです。

中には義理チョコをあげた方ではこんな方も!

  • 上司のデスクにチョコがたくさん置いてあり「すごいですね。」と言ったところ「こんなには食べきれないから一つあげるよ。」と言い上司から手渡されたチョコはまさに私があげたチョコだった。

せっかくあげたチョコがまた自分に戻ってくるということがあるんですね!

たくさんもらうと男性も誰からもらったものかすらわからない場合もあるそうですよ。

喜ばれるチョコと喜ばれないチョコ

バレンタインの義理チョコは何を渡したら喜んでもらえるのか悩みますよね!

職場にはいろいろな年齢の男性がいるので、好みもありますし、チョコが嫌いだったりもらっても困るチョコなど

あるようです。

もらって喜ばれるチョコと喜ばれないチョコをあげてみたので、義理チョコをあげる時の参考にされてみてくださ

いね!

職場に喜ばれるバレンタインチョコは?

職場の義理チョコで喜ばれるものにはどんなのがあるのかリサーチしてみたところ、

喜ばれるものは

・高級でないもの
高級なチョコはお返しの事を考えると気が重いので高級でないものがいい

・すぐに食べられる
個装されているものや一口でさっと食べれるものがいいようですね!

・チョコが苦手なので、他のお菓子(おかき)の詰め合わせなど嗜好を考えてくれたもの

・自分にではなくて『お子さんにどうぞ』と子供の好きなキャラクターのチョコをもらったとき
高級なものではなくて、手軽に食べれるものや安くても自分の好きなものや家族に向けてのものが喜ばれるようです。

職場の方の好きなものなど事前にチェックしているといいですね!

職場に喜ばれないバレンタインチョコは?

義理チョコでもらって困るものやあまり喜ばれないものは

・手作りのチョコ

頑張って作ってくれたのは嬉しいけど、手づくりチョコは気合が入りすぎでひいてしまう

・みなさんで食べてくださいと大きなチョコケーキを渡される

ケーキなど切らないと食べれないようなものは食べにくいし賞味期限もあるので困る

・お酒が飲めないのでお酒入りのチョコはもらっても食べれない

もらって困る物や嬉しくないチョコは手作りや食べるのに手間がかかる物です。

お酒が苦手な方はウイスキーボンボンのようなお酒の入ったチョコレートは嬉しくないようですのでご注意を(‘◇’)ゞ

職場での義理チョコは必要?

職場での義理チョコはもらう側も揚げる側もいろいろと悩み、迷惑という意見も多いようです。

主人もチョコを貰ってきますが、小さい子供を連れて買い物に行くのが大変で、自分にも買ってもらえると思いチョコをほしがって困ります。
ですので、職場でのチョコ配布は必要ないです!

職場によっては虚礼廃止といってお中元やお歳暮、バレンタインなどで、形だけで心のこもっていない、意味のな

い儀礼はやめるという会社もあります。

知人の職場ではバレンタインは数年前に禁止になったそうです。

圧倒的に男性が多い職場なので、女性の負担が大きいからというのが理由らしいですよ。

会社からの通達があれば、バレンタインなどの習慣もなくなるのでどんどん広まっていってほしいですね!

まとめ

毎年やってくるバレンタインですが、もらう側、あげる側も迷惑や面倒と思っていてもなかなか言えずにいる方も多いですね!

個人的にも会社からの虚礼廃止がもっと広まりバレンタインの負担がなくなればと思います(笑)

会社からの通達があればいいのですが、まだまだそういった会社は少ないのでバレンタインの習慣がなくならないのも事実です。

もらう側、あげる側のお互いの負担がなくなるようにひとり500円など予算を決めて女子社員一同より『いつもお世話になっています。』と言ってみんなで渡した方がお互いに気を使わないのではないでしょうか?^^

職場の方の考えも様々なので相談して決めてみてもいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください