陣痛の長さや痛みが軽くなるアイテム・方法 出産後の痛みは?

陣痛の始まりは、出産予定日が近づいてきておしるしや軽い生理痛のような痛みがでてくる前駆陣痛から始まると、近々本格的な陣痛がやってきます。

私の場合はおしるしがあって2日後に前駆陣痛が始まりその2日後に規則正しい本格的な陣痛がやってきました。

「おぉ~これが陣痛か!」と思いながら最初のうちは余裕でしたが、その後の3分から5分間隔の陣痛は人生で1番痛い体験でした(^^;)

でも、大変な陣痛でも、これは痛みが楽になったという方法があったのでお伝えします。ぜひ出産の時に役立てください(^^)

陣痛はどれくらい続く?

おなかの張りや痛みの間隔が規則正しくなってきたら本格的な陣痛の始まりです。

いよいよ赤ちゃんとご対面!だけどその前に陣痛の痛みが怖い!という方は初めてなら不安でいっぱいですよね!

痛みは鼻からスイカが出るとか、男性が経験すれば気絶するとか言われていますが痛みの感じ方は人それぞれなので、中には思っていたより痛くなかったという人もいれば、痛みに耐えられず途中で無痛分娩に変えてもらったというママもいます。

私の場合は初産で長女の出産の時、5分間隔の陣痛がきてから入院し、19時間後に生まれました。

一般的に陣痛から胎盤の出る後産まで初産で約10~15時間 出産の経験がある方は約7時間と言われますが個人差もあります。こればっかりは予想がつきませんので、長い陣痛を乗り切るために 出産が近づいたら栄養をとり 体調に気をつけましょう。

出産の時に楽になったアイテム

出産の時に楽になったアイテムはズバリ!

・硬式テニスボール!です(。・∀・。)ノ

陣痛の時、痛みとおなかの張りがくると同時に肛門にも痛みが来ます。この時に看護師さんに「まだいきまないでね!」といわれるので、出したいかんじをがまんしてたえなくてはいけません。

肛門を旦那や家族に硬式テニスボールを使ってぐっと強く押さえてもらいます。

赤ちゃんが降りてきて肛門の方も痛くなるので押さえてもらうと楽になりました。

ゴルフボールでもいいみたいですが、たまたま硬式テニスボールがあったので持参しました。使うまでは、これで効果があるのか半信半疑だったのですがこれは持っていって効果があり必需品です。

陣痛が楽になる方法

これは道具を使わないのですが、手で腰のくぼんでいるところを痛みがきた時にぐっと押してもらいます。

指で押すのではなく、手のひらのパンを作る時にこねる場所、手首付近です。ここを使って強く押してもらうと効果があります。

痛みが来た~!と思ったら家族に押して!と声をかけます。

痛い間ずっと主人に押さえてもらったので主人も大変ですが、力のある男の人に押さえてもらった方が効きます(笑)

その他、お腹をさする、腰をさすれば楽になると言われましたが、私には効果はありませんでした。

他には呼吸法やアロマをたいたり、四つんばいや横向きになり自分の楽な体勢をとる、などありますが結局テニスボールと手で腰を押さえてもらうだけでした。

出産後や会陰切開の痛みはどんなの?

無事に赤ちゃんがうまれてほっと一息。胎盤も無事に排出され、残すは会陰切開です。会陰切開と聞くと縫うなんて恐ろしい~(>_<)と思っていました。

分娩台に寝たままの状態で先生が縫います。麻酔をしたかは覚えていませんが(たぶんしたはず)縫っている時は全然痛くありませんでした。

眠たくて覚えていない(汗)その時の先生が「肛門の方まで裂けてるから中から縫っているからちょっと時間がかかるよ!」って言われ、最後のいきみで裂け方がひどくかったようです(泣)

まさかそんなに裂けるとは思いませんでしたが、出産後の痛みはお尻をつけて椅子に座れません。

なので、授乳クッションを椅子にしいておしりをうかせて座ってました。

起き上がるのも時間がかかり痛み止めを飲んで過ごし紫雲膏という傷に塗る薬も塗ってました。歩き方も2~3日は前かがみでおかしかったです。でも退院する頃はだいぶ楽になりますよ。

まとめ

出産は痛くて当たり前 なのですが、経験しないとその痛みはわかりませんよね(>_<)産む前は緊張とはじめての事でドキドキしますが、これを乗り切れば赤ちゃんに逢えると思って頑張りましょう!

 

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください